スポンサーリンク
商品の選び方

つみたてNISA利用時の投資信託の「リスク分散」を考える

つみたてNISAで運用する際に「リスクを分散させよう」と言われることがあります。一般的にリスクを分散させようと言われたら、投資信託を複数保有したり、バランスファンドを利用したりして、投資先をあちこちに分散させよう、という意味であることが多い...
メリットとデメリット

【初心者向け】つみたてNISAの失敗をできるだけ避ける方法

結論から述べると、以下の2つを守ると金額的な大失敗(大損)を避けることができます。 毎月の積立額をできるだけ小さくする できるだけ値動きの小さい商品に投資する もともとつみたてNISAはどんなに損をしても借金は...
メリットとデメリット

つみたてNISAの限度額は毎月3.3333万円(年間40万円)。さあ、いくら積み立てる?

結論から述べると、つみたてNISAを利用する上で、以下のような投資上の制限があります。 毎月の積立限度額は33,333円 年間の積立限度額は40万円 最大の非課税額は800万円 ※iDeCo(個人型確定拠出年...
商品の選び方

つみたてNISAではMMFは買えない。代用商品も無いに等しい

結論から述べると、つみたてNISAではMMF(マネーマネジメントファンド)を購入できず、MMFの代用となる商品もありません。おとなしく、NISA口座を使わずにMMFを買いましょう。 では、詳しく。 つみたてNISAは利益を得て、...
商品の選び方

つみたてNISAでは「ダウ」に投資できない。代わりに選べる3つの方法

結論から述べると、つみたてNISAでダウ平均株価に連動する投資信託に投資することはできません。その代わり、 S&P500(米国の500社)に投資する VTI(全米株式)に投資する iDeCoを使ってダウ工業...
メリットとデメリット

つみたてNISAは元本割れするかもしれない。20年運用しても儲かっている保証はない

結論から述べると、つみたてNISAは簡単に元本割れしますし、20年運用しても儲かっているかどうかはわかりません。初心者向けの投資ではありますが、投資である以上はリスクがある点は忘れないでください。 では本題。 つみたてNISAに...
iDeCoとの比較

つみたてNISAにはスイッチング(非課税枠を消費しない投資信託の買い替え)は無い。ないです

結論から述べると、つみたてNISAには非課税枠内で投資信託を買い換えるスイッチングがありません。こまめに運用商品を変えたいならば、iDeCo(個人型確定拠出年金)のほうが向いています。 ただし、そもそも運用する投資信託を細かく切り替え...
商品の選び方

つみたてNISAは複数銘柄選んでもいいの?

結論から述べると、つみたてNISAは複数銘柄選べます。ただし、銘柄をたくさん選べばよいってわけではないので、適度な数を選ぶ必要があります。 正直なところ、つみたてNISAは1本か2本だけでなんとかなります。筆者もつみたてNISAで運用...
保険との比較

つみたてNISAと学資保険はどちらが良いか?ソニー生命の商品を例題に

「つみたてNISAは毎月積み立てで将来に向けて資産を作る制度」ということで、学資保険との違いやどちらを利用するかと悩んでいる方がいらっしゃるようです。 あなたも、もしかして将来の子供の学費のことを考えたりしていませんか?? 本記...
ロボアドとの比較

つみたてNISAとロボアド「ウェルスナビ」はどちらが良いか

この記事では、つみたてNISAとロボアド「ウェルスナビ(WealthNavi)」の比較を行ないます。 最初に述べておくと、筆者はつみたてNISA推奨派でロボアドは否定的です。理由は、ロボアドのぼったくりとも言える手数料があるから。なの...
スポンサーリンク