記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

つみたてNISAを利用すると、どんな良いことがある?

スポンサーリンク

2018年からはじまる「つみたてNISA」。

最近は現行のNISAとか、iDeCo(確定拠出年金)とか、様々な制度が乱立しており、何を使うか迷ってしまいますよね。

そんな時はつみたてNISAと他の類似制度の違いを見ることで、各制度をどのように使っていけばよいかが見えて来ると思います。

そこで、本記事では「つみたてNISAを利用すると、どんな良いことがあるか」をご紹介。

本制度は長期投資で資産を作る制度ですから、必然的にあなたの将来、つまり老後を意識したものなんです。

[スポンサーリンク]




つみたてNISAは資産形成向きの制度

つみたてNISAは現行のNISA以上に資産形成に特化した税制優遇制度です。

繰り返しますが、つみたてNISAは資産形成向きなのです。

現行NISAは資産形成に使いにくかった

現行NISAは

  • 配当金非課税
  • 売却益非課税

といったメリットはあるものの、運用期間が5年間と短かったため、資産形成向きの制度かといえば、少し疑問な部分もありました

例えば、投資信託の積み立てを5年間継続したとしても、5年後の成績は結構な確率で元本割れの可能性があります。

5年間では、投資で得られるリターンよりも、価格の振れ幅であるリスクのほうが大きな影響を与えるため、運用成績が安定しないのです。

運用期間の長いつみたてNISAは資産形成に向いている

今回のつみたてNISAは適当に20年間と定められたのではなく、様々な研究者の研究事例や金融庁の試算などにも基づいて20年と決められています

上述で掲載した図もその金融庁の試算の1つです。

「5年間の運用では安定しない投資の利益も、20年間運用したら安定的に利益がでたよ」

という話なのです。

つみたてNISAにはこんなデメリットも

ただ、つみたてNISAはNISAよりも大儲けしにくい制度かもしれません

現行NISAは大儲けできる夢がある!?

現行NISAは配当金を非課税で得る以外に、大儲けを期待するための使い方もできます。

例えば、

  1. 現行NISAの上限額である120万円フルで、とある株式をNISA預かりで購入する
  2. その株式の株価が10倍(テンバガー)になったら、利益は1,200万円 – 120万円 = 1,080万円
  3. 1,080万円は丸ごとあなたの懐に

といった夢があります。

これはあくまで仮定の話ですが、特に小型株や低位株と呼ばれる株式が、ある日なんらかの理由で突然暴騰(ぼうとう。大きく値上がりすること)することはしばしばある話です。

もし、そういった株式を現行NISAで購入できれば、暴騰して生じた利益を丸ごとあなたの懐に入れることができます。

その代わり、このように暴騰する株式は、いずれ値下がりし、価格が半値や10分の1になることも多いです。

この投資方法はハイリスクハイリターンだ、と言えますね。

つみたてNISAは堅実である

一方、つみたてNISAが投資対象とするインデックスファンドは、

  • ある日突然暴騰することはありません
  • 過去の実績を見ても、1年間で1.5倍程度に値上がりすれば、かなり良い成果です
  • 過去の実績を見ても、1年間で半値程度に値下がりすれば、かなり悪い成績です

と、かなり堅実な成績になってしまいます。

つまり、つみたてNISAを利用した資産形成では、大損する可能性は低い一方で、大儲けする可能性もまた低いのです。

大儲けの夢をとるか、堅実な資産形成をとるか

以上のように、

  • 大儲けの夢を選ぶなら現行NISA
  • 堅実な資産形成を目指すならつみたてNISA

と、特徴が分かれます。

どちらを選ぶかはあなたの価値観次第といったところですが、あなたが筆者と同じ一般人なら、つみたてNISAを利用したほうが賢明だと思います。

つみたてNISAであなたの将来に備えよう

つみたてNISAは「ある不安」を解消することを意識している?

さて、これらの特徴を踏まえると、つみたてNISAはある特定の問題に対する「回答」であるように思えてきます。

あなたは将来、特に老後のお金のことを不安に思ったことはありませんか?

  • 10年後や20年後、ちゃんとお金を得てるかなぁ?
  • 老後、お金がなく、苦しい生活を送るんじゃないかなぁ?
  • 年金ちゃんと貰えるかなぁ?

つみたてNISAはあなたのこのような不安を解消するための答えです。

近年、iDeCo(確定拠出年金)やつみたてNISAなど、10年を超える長期投資を優遇する制度が次々と登場している背景には、日本の公的年金制度や社会保障の限界が意識されていると言われています。

個人にとって長寿化時代の経済的な問題の中心は「老後のお金が足りなくなる心配」だ。これに対して、公的年金や介護保険など、制度の側の努力だけで対応しようとすることは無理だろう。

近年、確定拠出年金が拡充されたり、NISA(少額投資非課税制度)が新設されたりしているのは、「公的サポートだけでは老後の生活は多分無理なので、自助努力に務めて下さい。そのための仕組みは用意しています」という政府からのメッセージと受け取るべきものだろう。
「人生100年時代」28歳、35歳、45歳になる前に考えるべき事 | 現代ビジネスプレミアム

どの資料かは忘れましたが、iDeCoの資料には「国民の自助努力を促す」といった文言がはっきりと書いてありました。

私たちは年金制度が破綻気味であることを知っているくせに、目の前の生活のことばかりに気をとられて、老後対策を何もしていないことも多いと思います。

あるアンケートによると、老後に不安を抱える30〜50代のうち、47%の人が不安を解消するための取り組みを行っていないと回答しています。

安心した老後を過ごすためには?第1位は老後資金の貯蓄。次いで30代は資産運用、50代は老後の仕事探しー「エン転職コンサルタント」ユーザーアンケート集計結果ー

将来は不安なのに、何も対策を打たないのはなぜなのでしょう?

老後のお金の問題があちこちで言われているのに、「臭いものには蓋をする」つもりなのでしょうか。

つみたてNISAで老後の不安に備えよう

あなたが将来、特にあなたやあなたの家族の老後のことを1mmでも不安を抱えているなら、つみたてNISA(やiDeCo)はその不安に応える強力な制度になります。

  • あなたがつみたてNISA(やiDeCo)を使うと、長期的な資産形成に取り組めます
  • 金融庁や研究者らの研究結果によると、投資信託を利用した長期投資はあなたにとって堅実で有利な結果をもたらす可能性が高いです
  • 政府はあなたの老後のお金を、あなた自身の力で賄うことを応援する制度作りに努めています

つみたてNISAを利用する最大のメリットは、この制度を通じて老後のお金に対する備えを作ることができるところなんです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • あなたがつみたてNISA(やiDeCo)を使うと、長期的な資産形成に取り組めます
  • つみたてNISAはNISAよりも儲けの額が少ないかもしれません。その代わり、堅実に利益を得るための制度です
  • つみたてNISAはあなたの将来(老後)に備えるための制度。漠然な不安を抱えるなら、今すぐ対策を始めよう

コメント