対象商品(投資信託)

対象商品(投資信託)

つみたてNISAにおける国内債券の取り扱い方法

資産運用において、ローリスクで運用できる商品の代表例が国内債券(日本債券)です。 投資の書籍などでは、ローリスクな運用をしたければ国内債券に投資しましょう、と記載されていることも多いです。 しかし、2018年から始まった「つみた...
対象商品(投資信託)

つみたてNISAで「ひふみプラス」はどう?筆者の気になる部分を紹介します

いまや、おそらく日本で一番有名かもしれない投資信託がレオスキャピタルワークスの「ひふみ」です。 レオス・キャピタルワークス 「ひふみ」には、 ひふみプラス:銀行や証券会社などを通じて購入できるもの ひふみ...
NO IMAGE 対象商品(投資信託)

ハイリスクな株式ファンドか?ローリスクなバランスファンドか?

「つみたてNISA」において、 ハイリスクな株式ファンドを選ぶか ローリスクなバランスファンドを選ぶか は「究極の選択」だと筆者は考えています。 先日、つみたてNISAを始めた筆者知人が、「投資する商品を...
NO IMAGE 対象商品(投資信託)

つみたてNISAにおける日本株の取り扱い方法

「つみたてNISA」を利用する上で、どうしても判断上避けて通れないのが「日本株」への投資をどうするかです。 と言っても、日本株へ投資する商品はたくさんあります。 TOPIXに連動するもの:11種類 日経平均株価に連動す...
NO IMAGE 対象商品(投資信託)

初めてのつみたてNISAは「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」でもいいんじゃない?

「つみたてNISA」を利用する際に、一番困りそうな点は商品選びです。 つみたてNISA対応投資信託は100本以上あります その中から1本、ないし2本選ぶとしたら? なかなか自発的にピンポイントで投資信託を選べる方は少な...
NO IMAGE 対象商品(投資信託)

つみたてNISAは「DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド」を利用します

前の記事では、まったくの初心者がつみたてNISAを利用する前提で、「バランスファンドはどうよ」という話を紹介しました。 そこで、この記事では、ある程度投資経験のある筆者ならどうするか、を紹介します。 筆者個人としては、つ...
NO IMAGE 対象商品(投資信託)

つみたてNISA。どの投資信託を利用しますか?

2017年11月時点で、つみたてNISAを利用して購入できる投資信託の本数は100本を超えています。 つみたてNISA対象商品 | 金融庁 これだけ本数が増えてしまったのは、様々ある投資信託の運用会社があれもこれもと対象商品に加...