スポンサーリンク
商品の選び方

つみたてNISAにおける日本株の取り扱い方法

「つみたてNISA」を利用する上で、どうしても判断上避けて通れないのが「日本株」への投資をどうするかです。 と言っても、日本株へ投資する商品はたくさんあります。 TOPIXに連動するもの:11種類 日経平均株価に連動す...
商品の選び方

初めてのつみたてNISAは「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」でもいいんじゃない?

「つみたてNISA」を利用する際に、一番困りそうな点は商品選びです。 つみたてNISA対応投資信託は100本以上あります その中から1本、ないし2本選ぶとしたら? なかなか自発的にピンポイントで投資信託を選べる方は少な...
証券会社

つみたてNISAはどの証券会社を利用すれば一番儲かる?

つみたてNISA。どの証券会社を利用すれば一番儲かるのか気になっていますか? 結論から申し上げると、楽天証券を利用するのがおそらく最良です。 つみたてNISAのサービスを提供する証券会社ならば、どの証券会社を利用しても「原則」同...
メリットとデメリット

つみたてNISAを利用すると、どんな良いことがある?

2018年からはじまる「つみたてNISA」。 最近は現行のNISAとか、iDeCo(確定拠出年金)とか、様々な制度が乱立しており、何を使うか迷ってしまいますよね。 そんな時はつみたてNISAと他の類似制度の違いを見ることで、各制...
商品の選び方

つみたてNISAは「DCつみたてNISA・全海外株インデックスファンド」を利用します

前の記事では、まったくの初心者がつみたてNISAを利用する前提で、「バランスファンドはどうよ」という話を紹介しました。 そこで、この記事では、ある程度投資経験のある筆者ならどうするか、を紹介します。 筆者個人としては、つ...
商品の選び方

つみたてNISA。どの投資信託を利用しますか?

2017年11月時点で、つみたてNISAを利用して購入できる投資信託の本数は100本を超えています。 つみたてNISA対象商品 | 金融庁 これだけ本数が増えてしまったのは、様々ある投資信託の運用会社があれもこれもと対象商品に加...
一般NISAとの比較

一般NISA(ただのNISA)からつみたてNISAに切り替える手順

先日、筆者は現行NISAからつみたてNISAに切り替えの申し込みを行ったので、その手順を簡単に紹介します。 といっても、複雑な申し込みなどは一切無く、すごく簡単に移行できます(筆者はまだ移行中)。 以下、 すでにNIS...
iDeCoとの比較

つみたてNISAとiDeCo。どちらを優先的に投資する?

つみたてNISAを始めるに当たって、一緒に考えたいのが確定拠出年金(以下:iDeCo)との投資配分です。 両者はいずれも投資信託を利用した税制優遇制度ですが、運用上いくつか異なるポイントがあります。 筆者は2018年から...
スポンサーリンク