20年後の出口戦略

20年後の出口戦略20年後の出口戦略

つみたてNISAを20年運用したらどうなるか??というコンテンツを紹介します。

20年運用を行なうと、つみたてNISA口座から特定口座への移管が行なわれます。この移管は手続き不要で、年末から年始にかけて自動的に行なわれます。

つみたてNISAで投資信託を20年運用した後の移管などの話
つみたてNISAの20年後の扱いにお悩みですか?ネット上には「20年後の出口戦略を意識して~」なんて書いてるブログもありますが、個人的にはまったく心配していません。 20年運用すると、「つみたてNISA口座から特定口座への移管」が行な...

20年後の暴落を心配する必要はありません。なぜなら、つみたてNISAは20年後(2018年に始めたなら2037年末)に全額を移管するわけではないので、「ある年の成績は良いけど、ある年の成績はダメだった」と1年ごとに運用成績が変わってくるためです。

つみたてNISAで「20年後の暴落」を心配する必要はまったく無い
つみたてNISAの議論で、不思議と「20年後」のことを気にする方が結構いらっしゃいます。20年後のことなんて、今から考えてもわかるはずもないのに、質問されることが多いです。 今回はその中でも、特に懸念事項として多い「20年後の暴落」、...

移管後に運用を続けるか、売却して換金するかは投資家次第。あなたが40代を超えているなら、売却して、老後の「セカンドライフ」のための元手にするのも1つの手です。

スポンサーリンク
20年後の出口戦略

つみたてNISAで投資信託を20年運用した後の移管などの話

つみたてNISAの20年後の扱いにお悩みですか?ネット上には「20年後の出口戦略を意識して~」なんて書いてるブログもありますが、個人的にはまったく心配していません。 20年運用すると、「つみたてNISA口座から特定口座への移管」が行な...
20年後の出口戦略

つみたてNISAで「20年後の暴落」を心配する必要はまったく無い

つみたてNISAの議論で、不思議と「20年後」のことを気にする方が結構いらっしゃいます。20年後のことなんて、今から考えてもわかるはずもないのに、質問されることが多いです。 今回はその中でも、特に懸念事項として多い「20年後の暴落」、...
20年後の出口戦略

積立NISA(つみたてNISA)の「20年」とはいつからいつまでのことなのか

一般に「20年」と言えば、2018年から2037年末までの投資信託の購入可能期間を指していることが多いです。一方で、購入した投資信託を保有できる期間もまた「20年」なので、どちらの意味で使われているかは、文脈を読む必要があります。 ち...
20年後の出口戦略

つみたてNISAは元本割れするかもしれない。20年運用しても儲かっている保証はない

結論から述べると、つみたてNISAは簡単に元本割れしますし、20年運用しても儲かっているかどうかはわかりません。初心者向けの投資ではありますが、投資である以上はリスクがある点は忘れないでください。 では本題。 つみたてNISAに...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました