メリットとデメリット

スポンサーリンク
iDeCoとの比較

つみたてNISAって毎月手数料を支払うの?それってiDeCoと間違えてない?

つみたてNISAの手数料の記事に関連し、「つみたてNISAって毎月手数料を支払うの?」という誤解にも回答したく思います。 結論から述べると、つみたてNISAは上記記事でも述べたように、投資信託の信託報酬は発生するものの、毎月支...
メリットとデメリット

つみたてNISAにかかる手数料について教えて。お得な銀行とか証券会社とかあるの?

つみたてNISAを始めるにあたって、結構手数料がかかるのでは?と思っていませんか? 結論から述べると、つみたてNISAで特に意識を向けるのは「信託報酬」です。これまでの投資信託の売買で問題になることが多かった購入手数料(販売手数料)は...
メリットとデメリット

つみたてNISAはいつ配当金(分配金)を貰えるの?

結論から述べると、多くの人はつみたてNISAを通じて配当金・分配金を受け取る機会がないと思います。というのも、つみたてNISA対象の投資信託は、もともと配当金(分配金)を出さずに運用する商品ばかりだからです。 しかし、これはつみたてN...
メリットとデメリット

つみたてNISAを今から始めてもいい?何か注意すべきことはある?

結論から述べると、つみたてNISAは今から始めても問題ありません。「ちょっと始めてみたいな」と思ったら、今月からさっそく始めましょう。 年の途中から始めても、ボーナス積み立てを使えば満額(年40万円)積み立てることができます。来年まで...
メリットとデメリット

つみたてNISAはやるべき?やらないべき?

つみたてNISAをやるかどうかは、結局はお金の問題です。例えば、 インフレ 経済格差 老後の生活費 といった事柄に備えるなら、つみたてNISAは1つの手段になります。別につみたてNISAでなくても良いので...
メリットとデメリット

【初心者向け】つみたてNISAの失敗をできるだけ避ける方法

結論から述べると、以下の2つを守ると金額的な大失敗(大損)を避けることができます。 毎月の積立額をできるだけ小さくする できるだけ値動きの小さい商品に投資する もともとつみたてNISAはどんなに損をしても借金は...
メリットとデメリット

つみたてNISAの限度額は毎月3.3333万円(年間40万円)。さあ、いくら積み立てる?

結論から述べると、つみたてNISAを利用する上で、以下のような投資上の制限があります。 毎月の積立限度額は33,333円 年間の積立限度額は40万円 最大の非課税額は800万円 ※iDeCo(個人型確定拠出年...
メリットとデメリット

つみたてNISAは元本割れするかもしれない。20年運用しても儲かっている保証はない

結論から述べると、つみたてNISAは簡単に元本割れしますし、20年運用しても儲かっているかどうかはわかりません。初心者向けの投資ではありますが、投資である以上はリスクがある点は忘れないでください。 では本題。 つみたてNISAに...
メリットとデメリット

つみたてNISAは満額(年40万円)積み立てずともOK!できる金額から運用しよう

つみたてNISAの制度では、 40万円 800万円 という、2つのキーになる数字があります。これは非課税の額で、それぞれ年額・20年間の総額です。 これはあくまで制度上の上限となる金額で、私たちがつみたて...
メリットとデメリット

つみたてNISAで毎月1,000円積み立て!初めての投資なら、ここから始めても良い

つみたてNISAをいくらから始めるか、お悩みですか? つみたてNISAの積み立て下限金額は各社のシステムによって決まります。100円単位で投資額を決められるネット証券なら100円から積み立てできますし、1,000円単位で決める銀行など...
スポンサーリンク