メリットとデメリット

スポンサーリンク
メリットとデメリット

つみたてNISAで採用されているドルコスト法のメリットとデメリット

つみたてNISAは、定期的に定額で買い付ける「ドル・コスト平均法」が採用されています。これは積立投資の一種で、価格が安いときにより多くの口数を買い付けるために、取得価額を下げやすいメリットを持っています。 一方で、「ドル・コスト平均法...
メリットとデメリット

つみたてNISAの5つのデメリットと誰も語らない2つのデメリット

この記事ではつみたてNISAのデメリットとして以下の点を紹介します。 元本割れの可能性 年間の投資可能額(40万円)が少ない(と言う人もいる) 損益通算できない 投資対象が特定の投資信託に限られる(と言う人も...
メリットとデメリット

【もっと増えるよ】2年間のつみたてNISAで増えたお金は約4万円(投資額の7%相当)でした

筆者は2018年1月から(制度開始時点)からつみたてNISAを利用しており、現在までに約2年間積み立てを継続しました。その運用状況を紹介しましょう。 結論から述べると、投資額約50万円に対し、約4万円(投資額の7%相当)の利益が出てい...
メリットとデメリット

積立NISA(つみたてNISA)は途中で積み立てを一時停止できます

積立NISA(つみたてNISA)は途中で積み立てを一時停止できます。そして、もちろん一時停止後の再開も可能です。 厳密には投資信託の積み立てに「一時停止」という設定はないので、一度積立設定を解除し、再開したいタイミングで再び積立設定を...
税金

つみたてNISAを利用したときの納税方法ってどうすればいい?

結論から述べると、つみたてNISAで得た利益にかかる税金はゼロなので、一切納税不要です。 ただし、つみたてNISAと併用して特定口座(課税口座)で運用を行なっている場合、例えば高配当の株式や株主優待銘柄などを売買したときには、納税が必...
メリットとデメリット

独身こそつみたてNISAで資産を作るべき。もう運用始めた?

つみたてNISAは独身にも向いている投資です。長く続ければ大損する可能性が低いので、下手な資産運用よりも確実性が高い点でメリットです。また、月数千円から始められるので、非正規雇用や契約社員など、収入が少なくとも利用できる投資です。 独...
メリットとデメリット

積立NISA(つみたてNISA)の「20年」とはいつからいつまでのことなのか

一般に「20年」と言えば、2018年から2037年末までの投資信託の購入可能期間を指していることが多いです。一方で、購入した投資信託を保有できる期間もまた「20年」なので、どちらの意味で使われているかは、文脈を読む必要があります。 ち...
メリットとデメリット

積立NISA(つみたてNISA)口座と特定口座を併用して資産形成するときの考え方

2019年時点の筆者の資産形成は「つみたてNISA + 特定口座」の併用です。以下の考え方で使い分けています。 つみたてNISA口座:堅実な資産の増加を狙う部分 特定口座:株主優待投資や高配当投資など「遊び」の部分。コア...
メリットとデメリット

積立NISA(つみたてNISA)をやってる人の割り合いはどのぐらいなの?

結論から述べると、つみたてNISAの利用者は成人人口の100人中1人か2人ぐらいです。インターネットなどを介さなければ、つみたてNISA利用者と出会う機会はかなり少ないかもしれません。 彼らはおそらく毎月6,000円程度を積み立ててい...
メリットとデメリット

積立NISA(つみたてNISA)では安易に利益確定をしない

つみたてNISAで利益確定したくて悩んでいますか?ちょっと利益がのってくると、どうしてもそれを確定売りして、自分のものにしたくなりますよね。 このような取引は、株式投資では「利小損大(コツコツドカン)」等と言われ、個人投資家は小まめに...
非課税枠

ボーナス積み立てで積立NISA(つみたてNISA)の枠を使い切る!

つみたてNISAの非課税枠が残っている場合には、ボーナス積み立ても利用して、一気に使ってみるのも良いと思います。操作は簡単でウェブサイトやスマホアプリから積み立て設定を行なうだけです。 でも無理に使い切る必要はないですよ!ほとんどの人...
メリットとデメリット

積立NISA(つみたてNISA)はいつでも金額変更可能。実際にその履歴を見てください

つみたてNISAはいつでも積立額を変更できます。実際筆者はこれまで増やしたり減らしたりと、状況に合わせて細かにコントロールしてきました。 ネット取引に対応している場合、積立額の変更はスマホやパソコンを利用します。この記事では筆者が利用...
メリットとデメリット

積立NISA(つみたてNISA)ならお金を貯めずに始められる!

結論から述べると、つみたてNISAを始めるためにお金を貯める必要はありません。毎月5,000円や1万円を積み立てれば、それが立派な資産形成のための投資になります。 統計的にはおそらく毎月5,000円ぐらいの運用をしている人が多いです。...
非課税枠

積立NISA(つみたてNISA)は非課税枠を使い切らないとダメ?

結論から述べると、非課税枠を使い切る必要はありません。例えば、40万円中の10万円を使い切れなかったとしてもまったく問題ないのです(ちなみにこの額は去年筆者が使い切れなかった枠)。 多くの個人は、非課税枠を使い切っていません。まずは少...
メリットとデメリット

さまざまな投資手法の中で「つみたてNISA」は安心できるものなの?

様々ある投資の中で、筆者は「つみたてNISAが一番安心できる投資」と考える理由は以下の5つです。 手数料を最小限に抑えた、金融庁認定商品に限られている(高額な手数料で失敗することを防げる) 運用は証券会社でも銀行でもよい...
スポンサーリンク