リバランス(資産の配分調整)に関する記事一覧

リバランス(資産の配分調整)に関する記事一覧リバランス

投資信託の資産配分の調整のことを「リバランス」と言います。こんな時、リバランスは必要になるかもしれません。

★リバランスが必要になりそうな状況

  • 2つ以上の投資信託をつみたてNISA口座で買っている時
  • iDeCoや課税口座(特定口座)で2つ以上の投資信託を買っている時

積立NISA(つみたてNISA)を「リバランス」する3つの運用方法

ただ、困ったことに、つみたてNISAには「スイッチング」がありません。スイッチングとはiDeCoで使える、「非課税のままで投資信託を別の商品へスイッチする」制度です。つみたてNISAの場合、どうしても売却によって非課税枠が使われてしまうため、できるだけ売却をせずにバランスをとったほうが良い(いわゆるノーセルリバランス)です。

つみたてNISAにはスイッチングは無い。ないです

個人的な検証では、ノーセルリバランスにも限界があります。そのため、ライフスタイルに伴う見直しでなければ、定期的なリバランスはしなくてもよいのでは?と考えています。

スポンサーリンク
リバランス

積立NISA(つみたてNISA)では無理にリバランスしないことにしました

結論から述べると、積立NISA(つみたてNISA)では無理にリバランスしないことにしました。 ★無理にリバランスしないと決めた根拠 もともと、つみたてNISAでは投資信託を1本しか買っていない ノーセルリバランスの...
2020.02.28
リバランス

積立NISA(つみたてNISA)を「リバランス」する3つの運用方法

2020年1月現在で、「つみたてNISA」は約160本の投資信託が対象商品として認定されています。この数の多さやリスク分散という観点から、2つ以上の投資信託を組み合わせて運用したい方も結構いらっしゃるはずです。 その際に問題になるのが...
2020.02.28
リバランス

つみたてNISAにはスイッチングは無い。ないです

結論から述べると、つみたてNISAには非課税枠内で投資信託を買い換えるスイッチングがありません。こまめに運用商品を変えたいならば、iDeCo(個人型確定拠出年金)のほうが向いています。 ただし、そもそも運用する投資信託を細かく切り替え...
2020.02.28
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました