商品の選び方

スポンサーリンク
商品の選び方

積立NISA(つみたてNISA)で高配当株投資はできません

タイトルで述べたとおりです。 「つみたてNISAで高配当な株式や投資信託は買えません」 つみたてNISAで購入できるのは主に投資信託のみで、そのほとんどは分配金を出さずに運用しています。あなたがもし、配当金投資などに魅力を感じる...
商品の選び方

積立NISA(つみたてNISA)では純金(ゴールド)は買えません

純金に投資する商品はいずれもつみたてNISAの対象外です。一部の商品は一般NISAで購入できますので、非課税での純金投資に関心ある場合にはそちらを利用ください。 過去の実績を踏まえると、純金投資よりもつみたてNISAのほうが大きく儲か...
商品の選び方

積立NISA(つみたてNISA)で株主優待券はもらえません

表題が全てです。 「つみたてNISAには株主優待(券)はありません」 しかし、つみたてNISAを利用しながら、平行して株主優待銘柄を購入できます。この場合、優待銘柄を購入するのは特定口座(課税口座)で、配当金を非課税で受け取るな...
商品の選び方

つみたてNISAで「GAFA」にもっとも高い比率で投資できる投資信託はどれ?

巨大な成長企業であるGAFAへの投資に関心をお持ちですか? あなたがアクティブファンド許容派なら フィデリティ・米国優良株・ファンド インデックス派なら SSGA米国株式イ...
商品の選び方

つみたてNISA対象ファンドを通じて購入できる海外ETF(米国ETF)

結論から述べると、 つみたてNISAで直接海外ETFを買うことはできません 海外ETFを利用する投資信託を買うことで、間接的に海外ETFに投資することができます となっています。 個人投資家に人気の商品は...
商品の選び方

つみたてNISAで中国株に投資したーい!これってできる?

結論から述べると、つみたてNISAを通じて中国株に投資したければ、以下のようになります。 つみたてNISAで中国株「だけ」で運用することはできません しかし、中国株に投資する投資信託を選ぶことができます 主に「MS...
商品の選び方

つみたてNISAのポートフォリオはたった1つの投資信託で十分

世の中には、つみたてNISAの複雑怪奇なポートフォリオを提案する方も結構いらっしゃるのですが、あれもこれもと投資信託を持つ必要は(あまり)ありません。せいぜい1つ、ないし2つ程度持っておけば十分ですし、そのほうが楽です。 筆者個人はつ...
商品の選び方

つみたてNISA利用時の投資信託の「リスク分散」を考える

つみたてNISAで運用する際に「リスクを分散させよう」と言われることがあります。一般的にリスクを分散させようと言われたら、投資信託を複数保有したり、バランスファンドを利用したりして、投資先をあちこちに分散させよう、という意味であることが多い...
商品の選び方

つみたてNISAではMMFは買えない。代用商品も無いに等しい

結論から述べると、つみたてNISAではMMF(マネーマネジメントファンド)を購入できず、MMFの代用となる商品もありません。おとなしく、NISA口座を使わずにMMFを買いましょう。 では、詳しく。 つみたてNISAは利益を得て、...
商品の選び方

つみたてNISAで「NYダウ」に投資できるようになりました

結論から述べると、つみたてNISAでダウ平均株価に連動する投資信託を選べるようになりました。「eMAXIS NYダウインデックス」を購入すればOKです。 しかし、「eMAXIS NYダウインデックス」は信託報酬が高く、商品としての分散...
商品の選び方

つみたてNISAは複数銘柄選んでもいいの?

結論から述べると、つみたてNISAは複数銘柄選べます。ただし、銘柄をたくさん選べばよいってわけではないので、適度な数を選ぶ必要があります。 正直なところ、つみたてNISAは1本か2本だけでなんとかなります。筆者もつみたてNISAで運用...
商品の選び方

つみたてNISAで買えるもの。買えないもの

つみたてNISAでどんな商品を購入できて、買えないものはなにか、ってご存知ですか。このあたり結構誤解があるようで、筆者運営サイトには「株主優待銘柄をつみたてNISAで買いたい」とか「つみたてNISAでソーシャルレンディングを始めたい」とか正...
商品の選び方

職業別!つみたてNISAの商品の選び方

つみたてNISAの商品選びって難しいですよね。ネット上で「つみたてNISA オススメ」など検索して、なんとなく選んだりしていませんか? 本記事では「職業別!つみたてNISAの商品の選び方」と題して、雇用の安定状況に注目しての商品選びを...
商品の選び方

つみたてNISAにおける国内債券の取り扱い方法

資産運用において、ローリスクで運用できる商品の代表例が国内債券(日本債券。「債権」は漢字間違い)です。投資の書籍などでは、ローリスクな運用をしたければ国内債券に投資しましょう、と記載されていることも多いです。 しかし、2018年から始...
商品の選び方

つみたてNISAで「ひふみプラス」はどう?筆者の気になる部分を紹介します

いまや、おそらく日本で一番有名かもしれない投資信託がレオスキャピタルワークスの「ひふみ」です。 レオス・キャピタルワークス 「ひふみ」には、 ひふみプラス:銀行や証券会社などを通じて購入できるもの ひふみ...
スポンサーリンク