商品の選び方

スポンサーリンク
商品の選び方

つみたてNISA利用時の投資信託の「リスク分散」を考える

つみたてNISAで運用する際に「リスクを分散させよう」と言われることがあります。一般的にリスクを分散させようと言われたら、投資信託を複数保有したり、バランスファンドを利用したりして、投資先をあちこちに分散させよう、という意味であることが多い...
商品の選び方

つみたてNISAではMMFは買えない。代用商品も無いに等しい

結論から述べると、つみたてNISAではMMF(マネーマネジメントファンド)を購入できず、MMFの代用となる商品もありません。おとなしく、NISA口座を使わずにMMFを買いましょう。 では、詳しく。 つみたてNISAは利益を得て、...
商品の選び方

つみたてNISAでは「ダウ」に投資できない。代わりに選べる3つの方法

結論から述べると、つみたてNISAでダウ平均株価に連動する投資信託に投資することはできません。その代わり、 S&P500(米国の500社)に投資する VTI(全米株式)に投資する iDeCoを使ってダウ工業...
商品の選び方

つみたてNISAは複数銘柄選んでもいいの?

結論から述べると、つみたてNISAは複数銘柄選べます。ただし、銘柄をたくさん選べばよいってわけではないので、適度な数を選ぶ必要があります。 正直なところ、つみたてNISAは1本か2本だけでなんとかなります。筆者もつみたてNISAで運用...
商品の選び方

つみたてNISAで買えるもの。買えないもの

つみたてNISAでどんな商品を購入できて、買えないものはなにか、ってご存知ですか。このあたり結構誤解があるようで、筆者運営サイトには「株主優待銘柄をつみたてNISAで買いたい」とか「つみたてNISAでソーシャルレンディングを始めたい」とか正...
商品の選び方

職業別!つみたてNISAの商品の選び方

つみたてNISAの商品選びって難しいですよね。ネット上で「つみたてNISA オススメ」など検索して、なんとなく選んだりしていませんか? 本記事では「職業別!つみたてNISAの商品の選び方」と題して、雇用の安定状況に注目しての商品選びを...
商品の選び方

つみたてNISAにおける国内債券の取り扱い方法

資産運用において、ローリスクで運用できる商品の代表例が国内債券(日本債券。「債権」は漢字間違い)です。投資の書籍などでは、ローリスクな運用をしたければ国内債券に投資しましょう、と記載されていることも多いです。 しかし、2018年から始...
商品の選び方

つみたてNISAで「ひふみプラス」はどう?筆者の気になる部分を紹介します

いまや、おそらく日本で一番有名かもしれない投資信託がレオスキャピタルワークスの「ひふみ」です。 レオス・キャピタルワークス 「ひふみ」には、 ひふみプラス:銀行や証券会社などを通じて購入できるもの ひふみ...
商品の選び方

ハイリスクな株式ファンドか?ローリスクなバランスファンドか?

「つみたてNISA」において、 ハイリスクな株式ファンドを選ぶか ローリスクなバランスファンドを選ぶか は「究極の選択」だと筆者は考えています。 先日、つみたてNISAを始めた筆者知人が、「投資する商品を...
商品の選び方

つみたてNISAにおける日本株の取り扱い方法

「つみたてNISA」を利用する上で、どうしても判断上避けて通れないのが「日本株」への投資をどうするかです。 と言っても、日本株へ投資する商品はたくさんあります。 TOPIXに連動するもの:11種類 日経平均株価に連動す...
スポンサーリンク