「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!

オススメの証券会社3社はココだ!

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

ゆうちょ銀行の「つみたてNISA」を利用した老後資金の準備手順

JP4資産均等バランス目論見書 銀行
スポンサーリンク

この記事では、ネット証券を使わずに老後資金を作りたいと考えるあなたに「ゆうちょ銀行」のつみたてNISAの紹介をします。筆者はいくつかの銀行のつみたてNISA対象商品もチェックしましたが、ゆうちょ銀行は最低限商品が揃っており、初めての投資でも購入しやすいものも含まれています

ネット証券を使わないなら、つみたてNISAの口座もゆうちょ銀行に開いても良いと思いますよ!

というわけで、個人的オススメ商品や、運用の方針なども一緒に見ていきましょう。

[スポンサーリンク]




ゆうちょ銀行の「つみたてNISA」は結構良い

2018年現在、ゆうちょ銀行で取り扱う投資信託は、特につみたてNISA対象の投資信託が優れており、ネット証券を利用せずともネット証券同様の運用が可能になりました。

つみたてNISAとは?-ゆうちょ銀行

あなたが「ネット証券は、運営者の顔が見えないから」と敬遠しているなら、ゆうちょ銀行の窓口でつみたてNISA対象投信を買えばいいのです。

ゆうちょ銀行の投資信託を選んでも良い理由

そもそも、ゆうちょを含め、銀行の投資信託と言えば、

  • 高額な販売手数料がかかる
  • テーマ型や毎月分配型など、資産形成に向かない商品が多い

など、これまであまり良い評判がありませんでした。

テーマ型ファンドとは、世の中で話題になっているテーマに関連する銘柄に的を絞って投資するタイプの株式ファンドのことです。

出典:テーマ型ファンドとは? | 投信資料館

しかし、2018年に始まったつみたてNISAでは、金融庁が厳しい条件を課したファンド(手数料や運用方針など)のみ購入できるようになりました。以後、銀行でもつみたてNISA対象ファンドを買えば、少なくとも高額な手数料を払うことも無いですし、資産形成に向かない商品を買ってしまうこともなくなりました。

もちろん、ネット証券のほうがより最新の商品にアクセスしやすいなどのメリットはあります。しかし、そこまで投資にこだわりを持たないならば、ゆうちょ銀行のつみたてNISA対象投信を選ぶことで十分目的を達成できます。

個人的なオススメは「JP4資産均等バランス」

JP4資産均等バランス目論見書

個人的なオススメはJP4資産均等バランスです。この商品は、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型」と似ていて、どちらかと言えばリスクを抑えて保守的に運用する商品です。

JP4資産均等バランス | JP投信
ローリスク派の「つみたてNISA」利用法。予想される利益から老後の売却モデルまで
「つみたてNISA」を始めたら、どのくらい儲かるか、って気になりますよね。本記事では、つみたてNISA対象投信のうち、特に債券比率の高い「ローリスク」なファンドについて、 将来予想される利益 そこから、老後の生活にどの程度役...

誤解を恐れずに書くと、「ガンガン運用したいぜ」という人はネット証券を使うので、「インフレとか老後資金とか考えると不安で・・・」と思いつつ運用される方に適していると思うのです。

老後資金のために、ゆうちょ銀行をこうやって使おう

ゆうちょ銀行を使って老後資金を準備するなら、基本は預金(+ 個人向け国債)と投資信託のみでOKです。

  • 安全商品:預金(定期でも良いし、個人向け国債を加えてもいい)
  • リスク資産:投資信託(つみたてNISAも使おう)

このうち、将来まで使う見込みのないお金はリスク資産(投資信託)への投資に向いています

いざという時のための貯蓄や近々使う予定があるお金には財形貯蓄や預貯金が向いていますが、将来のための資産づくりにはリスクはあるけれど、リターンも期待できる投資信託の積み立てもおすすめです。

出典:『投資信託とNISAの基礎』を学ぼう | ゆうちょマネーガイド

預金50%・投信50%を目標に

この数字には強い根拠はありませんが、例えば全資産のうち、安全資産を50%、リスク資産を50%の比率を維持するように運用するのはいかがでしょうか。これが不安なら、安全資産を70%、リスク資産を30%でも良いです。具体的には、

  • 預金:700万円
  • 投信(つみたてNISA):300万円

といった比率を目標に運用するのです。

投信のほうは相場次第で評価額が増えたり減ったりしますので、

  • 投信の残高が増えたら、預金残高も増やす(投信を売らずに調整)
  • 投信の残高が減ったら、追加投資する

でバランスを取ると良いと思います。なお、投資する商品はJP4資産均等バランスでも良いですし、投資に慣れたら、つみたて先進国株でも良いと思います。

もし、JP4資産均等バランスを20年間運用した場合

例えば、毎月1万円をJP4資産均等バランスに積み立てると、毎月1万円を20年間積み立てると、240万円の投資に対し、345.7万円の利益(投資額の約1.4倍)を期待できます(同じアセットアロケーションなので、ローリスク派の「つみたてNISA」利用法。予想される利益から老後の売却モデルまでの試算と同じ)。

もし、安全資産を70%、リスク資産を30%の比率で運用してきた場合には、毎月約3.9万円の積み立てで20年後に1000万円を達成できる可能性があります。

毎月の積立額:約3.9万円

  • 預金:700万円(毎月2.9万円の積み立て)
  • 投信(つみたてNISA):345万円(毎月1万円の積み立て)

これだと老後のお金としてはちょっと少ないですね。その場合の対策としては、

  • 毎月の積立額を増やす(= 支出を減らし収入を増やす)
  • 20年を超えて運用する
  • 65歳で引退せず、老後も働く

など考えられます。あなたが現在35歳ほどで、あと30年ぐらい運用できるのであれば、65歳時点で引退しても差し支えない資産にはなっていると思います。

ゆうちょ銀行に預けられる預金・定期預金の最高額は1300万円です(2018年10月時点)。ゆうちょ銀行破綻時には1000万円とその利子まで保証されます。一方、投資信託は分別管理されているため、ゆうちょ銀行が破綻しても資産は失われません。

他にもある、ゆうちょ銀行のこんな商品

ゆうちょ銀行では他にも変額年金保険確定拠出年金などの年金商品も扱っています。つみたてNISAほどはオススメしませんが、一応「あるよ」ということで挙げておきます。

変額年金保険

変額年金保険は、ご契約者からお払い込みいただいた保険料を特別勘定で運用し、その運用実績によって年金額などが変動する保険です。

出典:変額年金保険 | ゆうちょ銀行

変額年金保険の実体は投資信託に保険というカバーを被せたようなものなので、あなた自身が投信を運用する以上は使う必要がないと思います。

受取人を指定しての死亡保障(死亡保険金)もありますが、投資信託もあなたが無くなった時点で相続されますので、言葉は違えど、あなたの大切な人に資産は残せます。

個人型確定拠出年金(iDeCo)

iDeCoはつみたてNISAと似ている積立商品で、やはり老後に備えるものです。ゆうちょ銀行のiDeCoは投資信託のほか、8種類の定期預金も選べる点で特徴的です(筆者が知る限り、他の金融機関より多いです)。

つみたてNISAとiDeCo。どちらを優先的に投資する?
つみたてNISAを始めるに当たって、一緒に考えたいのが確定拠出年金(以下:iDeCo)との投資配分です。 両者はいずれも投資信託を利用した税制優遇制度ですが、運用上いくつか異なるポイントがあります。 筆者は2018年から...

iDeCoはつみたてNISAに比べて制限が多い(例えば、一度投資したお金は最短で60歳まで引き出せない)ので、初めて投資する人にとってはちょっときついかもしれません。最初につみたてNISAで慣れて、「もっと投資額を増やそう」と思ったときに検討すると良いと思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 2018年現在、ゆうちょ銀行でつみたてNISAを始める選択は悪くない。「ネット証券はダメ」という人に試して欲しい
  • 選ぶ商品はJP4資産均等バランスなど。リスクが抑えられていて、過去の実績を見る限りは、投資で大損したくない人に向いている
  • 預金と投信の保有比率を決め、それに近づける形で運用を進めよう。投資額にもよるが、20年継続するば1000万円ほどの資産も作れる

最後に、ゆうちょ銀行は全国にある点も良いですよね。投信の販売窓口は大きめの店舗に限られるようですが、窓口で相談できるのは魅力的だと思います。

なお、あなたがもし、ゆうちょ銀行の窓口で投資信託の相談をする場合には、必ず「つみたてNISA対象の投資信託を買いたい」とお伝えください。つみたてNISA以外の投資信託を買ってしまうと、高額な購入手数料を求められる可能性があるからです。

株式会社ゆうちょ銀行
株式会社ゆうちょ銀行のWebサイトです。定額&#360...

コメント