「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!

オススメの証券会社3社はココだ!

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

つみたてNISAを楽天証券で始めたいときの口座開設方法

証券会社
スポンサーリンク

証券会社でつみたてNISAを始めるなら、証券口座の開設が必要です。ここでは、インターネット専業の代表的な証券会社である楽天証券の口座開設手順(特につみたてNISA関連)について解説します。

以下では、

  • 楽天証券の口座開設の流れ
  • 必要な書類や、よくある疑問点の解説
  • つみたてNISA口座を開設するにはどうすればいいか

などを紹介します。

楽天証券は口座開設料も、その後の口座維持費や年会費も全て無料なので、初めての証券会社としても最適!楽天スーパーポイントで投資信託を購入できること」だけでも覚えておいて欲しいです。

[スポンサーリンク]


楽天証券のウェブサイトを見る




他の証券会社に対する楽天証券の優位点

  1. 楽天カード(クレジットカード)を利用した積み立てで1%のポイント還元
  2. 楽天市場のSPUとの連携
  3. 投資信託の残高に応じて、楽天スーパーポイントを還元
  4. 楽天スーパーポイントを利用して投資信託を購入できる
つみたてNISAはどの証券会社を利用すれば一番儲かる?
つみたてNISA。どの証券会社を利用すれば一番儲かるのか気になっていますか? 結論から申し上げると、楽天証券を利用するのがおそらく最良です。 つみたてNISAのサービスを提供する証券会社ならば、どの証券会社を利用しても「原則」同...

楽天証券は、楽天全体のポイントサービスである「楽天スーパーポイント」を利用した連携が非常に強力です。あなたがすでに楽天のサービス利用者なら楽天証券は一押しですし、これからポイント投資を始めるために、楽天証券を利用するのありです。

以下のツイートは筆者が楽天証券で楽天スーパーポイントのみで投資信託を買ったときのもの。筆者はポイント投資とともに楽天証券を利用し始め、ポイント投資のために楽天カードまで作ってしまったほどです。

楽天証券口座の開設の流れ

  1. 同証券のウェブサイトにアクセスし、必要事項を入力します
  2. 本人確認書類をウェブサイトからアップロード
  3. 楽天証券から「書留郵便」で書類(ログインIDとパスワード記載)が届きます
  4. 楽天証券のスマートフォンアプリ「iSPEED」を使ってマイナンバーの画像をアップロード
  5. 書類の「取引パスワード」を使って取引開始

なお、筆者が口座開設してからしばらく経ちますので、現在は若干異なる可能性があります。

口座開設から取引開始までに必要な時間

口座開設申し込み

口座開設の申し込み作業は、早い人で5~10分程度、少し時間がかかる人で20分程度かかります

あなたがオンラインショッピングサイト「楽天会員」の場合には、楽天サービスの登録情報を利用して証券口座を開設できますので、かなり簡単になります。

オンライン上のショッピングモール「楽天市場」で利用できるアカウントのことです。

口座開設後から取引開始まで

最短で1営業日で取引開始できますが、書類が届くまでの時間を考えると1週間程度を見込んでおいたほうが良いと思います。

口座開設に必要な情報

  • あなたの氏名・性別・生年月日
  • あなたの住所・郵便番号
  • あなたが勤める企業名や住所・役職の有無

氏名などは間違いなく入力するようになさってください。

SBI証券の口座開設同様、楽天証券もまた、あなたの勤務する会社に在籍確認を行ったり、営業の電話がかかったりすることはありません。安心して、会社名なども登録なさってください。

口座開設時に用意しておくもの

  • 運転免許書や健康保険証、住民票のコピーなど

あなたのお名前、ご住所、生年月日を確認できる公的な書類が必要です。マイナンバーカード(12桁の個人番号カード)も本人確認書類として利用できます。

マイナンバー自体は口座開設後に、楽天証券のスマートフォンアプリ「iSPEED」を使って提出しますので、口座開設時に手元に用意する必要はありません

つみたてNISA口座を開設しよう!

「つみたてNISA」口座は、証券口座開設時に同時に申し込むのが簡単です。少々ややこしい話ですが、あなたは証券口座を開設することで、1つの証券口座の中に、

  • 特定口座(課税口座)
  • つみたてNISA口座(非課税口座)

の2つを開設することになります。

特定口座・源泉徴収ありを申し込もう

特定口座とは、株式や投資信託を売り買いしたときに生じる税金の計算を、あなたではなく証券会社に任せてしまう口座のことです。

特定口座の申し込み時に、以下の3つから必ず1つだけ選びます。あなたがつみたてNISAのみを利用する場合にも必ず選択します。

  • 特定口座・源泉徴収あり:原則確定申告は不要で、納税を楽天証券が行う
  • 特定口座・源泉徴収なし:取引報告書の準備は楽天証券が行うので、あなたは確定申告と納税を行う
  • 一般口座(特定口座を利用しない):あなたが税金の計算と納税を行う(現在、選ぶメリットはありません)

特別な理由はない限り、特定口座・源泉徴収ありがオススメです。

つみたてNISA口座を開設しよう

特定口座とは別に、あなたは以下のNISA口座から1つだけ選択できます。

  • NISA(一般NISA):株式の売却益や配当金を非課税にできる
  • つみたてNISA:投資信託の積立投資で得た利益を非課税にできる(長期の資産形成に利用できる)
  • NISA(一般NISA)もつみたてNISAも利用しない:非課税制度は利用しない

このサイトでは当然、つみたてNISAをオススメします。一般NISAでも投資信託の積み立てはできますが、非課税期間が短く、つみたてNISAほどは節税の恩恵は受けられない可能性が高いからです。

口座開設完了通知は「簡易書留」で届きます

楽天証券から発送される書類は「簡易書留」で届きます。受取時にあなたのサインが必要ですので、在宅時に受け取るようになさってください(簡易書留なので、あなたのご家族が受け取ることもできます)。

万が一、不在の場合は再配達を依頼するか、最寄の郵便局で受け取れます。

よくある質問

口座開設に審査はありますか?

簡単な審査があるそうですが、普通に生活していれば、誰でも審査に通ります。「生活保護のお金で投資」とか、反社会的な組織に関与していないか、などがチェックされます。

口座開設にお金はかかりますか?

いいえ、無料です。年会費のようなお金も不要ですので、飽きたら放置でもOKです。

投資を始めるタイミングはいつでも良いですか?

はい、大丈夫です。あなたのペースでご利用してみてください

オススメの使い方:楽天スーパーポイントで投資信託を買おう

最初のうちは「投資で損をしたら怖いな」と思うかもしれません。それなら、楽天スーパーポイントを使って、ためしに投資信託を買ってみるのがオススメ

楽天スーパーポイントは、楽天市場をはじめ、楽天の各種サービスを利用すると貯められます。

また、楽天証券は100円から投資信託を購入できますから、楽天スーパーポイントを持っていないければ、100円から投資信託を買ってみるのも良いと思います。

[スポンサーリンク]


楽天証券のウェブサイトを見る

まとめ

  • 楽天証券の口座を開設するために必要な時間は、申し込みフォームの入力に最長20分程度、取引開始まで最長1週間程度
  • 書類は「簡易書留」で届く。不在時は再配達を依頼するか、郵便局で受け取ろう
  • 楽天スーパーポイントで投資信託を買おう。そのためだけに証券口座を開設してもいい

なんといってもオススメは楽天スーパーポイントによる投資信託買い付けです。

資産形成を始めるきっかけにいかがでしょうか。


楽天証券のウェブサイトを見る

コメント