つみたてNISA。どの証券会社を利用すれば一番儲かるのか

つみたてNISA。どの証券会社を利用すれば一番儲かるのか気になっていますか?

結論から申し上げると、つみたてNISAのサービスを提供する証券会社ならば、どの証券会社を利用しても「原則」同じです。

「原則」とつけたのは、実は完全に一緒ではないからです。というのも、

  • つみたてNISAで取り扱う商品は証券会社ごとに違います
  • 投資信託を購入して運用する際の付帯サービスにわずかな違いがあります

と、ちょっとした違いがあるためです。

もし、あなたがつみたてNISAを利用してできるだけ大きな利益を手にしたいなら、つみたてNISAを提供する金融機関の微妙な違いをチェックしていく必要があります。

なお、この記事は2017年11月時点での事前情報だけで書いてることをご了承ください。

実際にサービスが開始されれば、いろいろ話が変わってくる可能性もあります。

[スポンサーリンク]



証券会社ごとのわずかな違い

取り扱う商品の違い

幅広く商品を取り扱うことで、儲かりそうな商品を選びやすく

言うまでもなく、つみたてNISAで儲けるためには、将来儲かりそうな投資信託を選ぶことが大切です。

実際に何が儲かるのかは、20年後に蓋を開けてみないとわかりませんが、儲かりそうな商品を取り扱っていることは大切なポイントです。

例えば、SBI証券や楽天証券、マネックス証券など、いわゆるネット証券はつみたてNISA対応商品のほぼ全てを提供する方向です。

商品の選択性が広い、という意味では、儲かりそうな商品をたくさん取り扱っている、と言えますね(これがあなたにとって使いやすいかはわかりませんが)。

「あの投資信託を買えるか」という意味では、従来通りSBI証券や楽天証券、マネックス証券は有力な候補になります

まだ公表されていませんが、松井証券やカブドットコム証券も、つみたてNISA対応投資信託をごっそり並べる方向なのでは?と思っています。

投資信託の運用コスト(信託報酬)に意識を向けよう

投資信託の運用では、運用期間中に生じる運用コスト(信託報酬)は運用成績を左右する重大な指標です。

例えば、

  • eMAXIS 8資産均等型(信託報酬:0.54%)
  • eMAXIS slim 8資産均等型(信託報酬:0.2268%)

は、まったく同じ運用方針にもかかわらず、信託報酬が0.23%程度異なります。

この場合、eMAXIS 8資産均等型を選ぶメリットはありません。高い信託報酬の分だけ、あなたの利益が減ってしまうので。

もし、あなたが利用したい金融機関で、eMAXIS 8資産均等型のみ取り扱っていて、eMAXIS slim 8資産均等型の取り扱いがなければ、それはあなたにとって不利な運用になってしまいます。

そういう意味では、やはりなんでも選べるSBI証券や楽天証券のような証券会社は強いです。

ちょっとした付帯サービスの違い

投資信託にポイントがつくかも

SBI証券や楽天証券では投資信託の購入残高に応じてポイントが付与されるサービスを提供しています

このサービスはおそらくつみたてNISAにも適用されているはずです(具体的な明記はありませんが、その程度しか他社と差別化できないので)。

例えば、楽天証券の場合、

  1. 投資信託の保有残高に応じて楽天スーパーポイントが貯まります
  2. このポイントを利用して投資信託を購入できます(もしくは、楽天市場や楽天トラベルなどにも支払いの一部として利用できます)
  3. 投資信託を購入した場合には、保有残高を増やしますので、もらえるポイントも増える

といった利用方法ができます(おそらく、つみたてNISAで買った投信に楽天スーパーポイントは付くが、楽天スーパーポイントでつみたてNISAの積み立てはできない)。

要するに、ポイント還元の分だけお得ですよ、って話です。

投資信託の保有残高にポイントをつけるサービスをやってる証券会社はSBI証券や楽天証券ぐらいなので、やはりここはつみたてNISAにおいても2強になるのでは?と個人的に思います

運用についての相談ができるかも

野村證券のような従来型の証券会社では、つみたてNISAを利用する際に証券会社のアドバイスを受けられる可能性があります。

例えば、野村證券ではインターネット専用の「野村ネット&コール」コースでも、電話を利用した投資相談を利用できます。

野村ネット&コールのサービス – お電話による安心サポート –

つみたてNISAの記載はまだありませんが、NISAやジュニアNISAの相談はできると記載されており、将来的にはつみたてNISAの相談もできるものと思います。

あなたが、

  • SBI証券や楽天証券の投資信託は種類が多すぎる
  • 誰かにアドバイスしてもらいたい。いろいろ教えてもらえたら安心

と考えるなら、実はこちらのほうが儲かる手段かもしれません。

[スポンサーリンク]

一概に「ココ」というのは難しい

結局のところ、一概にこの証券会社が一番、というのは難しいです。

  • たくさんの商品から選べることが良いならば、SBI証券や楽天証券などのネット証券
  • ポイント優遇を受けたいなら、やはりSBI証券や楽天証券
  • 相談して運用したいならば、野村證券

あなたにとって、特に重要だなと思うところはどういったところでしょうか。

コメント