記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

つみたてNISAを利用するとどのくらいの節税になるの?




\シェアしてください!/

メリットとデメリット

つみたてNISAを始める上で、以下のような事柄って心配に思いませんか?

  • そもそも、つみたてNISAを始めたら、どのくらい節税できるんだろう?
  • つみたてNISAを始めることで、逆に支払う税金が多くなったりしない?
  • 投資信託を積み立てれば、所得税が安くなるって聞いたけど?

本記事では、つみたてNISAと各種税制の関係について解説します。

2018年の税制に基づけば、つみたてNISAを始めても、他の税金が高くなるようなことはありません。投資でリスクを取る(損をするかもしれない)ことを除けば、つみたてNISA利用者は税金面でお得になるように作られています

その他、よくある質問なども含めて、一緒に詳しく見ていきましょう。

[スポンサーリンク]

おさらい:投資でかかる税金っていくら?

2018年現在で、投資で得た利益に対して20.315%です。

投資信託の税金 - 投資信託協会

つみたてNISAを利用するとどのくらい節税になるの?

モデルを例に考える

以下の記事で仮定した2つのモデルを例に紹介します。

ハイリスクハイリターン派の「つみたてNISA」利用法。予想される利益から老後の売却モデルまで
「つみたてNISA」を始めたら、どのくらい儲かるか、って気になりますよね。本記事では、つみたてNISA対象投信のうち、特に株式比率の高い「ハイリスクハイリターン」なファンドについて、 将来予想される利益 そこから、老後の生活...
ローリスク派の「つみたてNISA」利用法。予想される利益から老後の売却モデルまで
「つみたてNISA」を始めたら、どのくらい儲かるか、って気になりますよね。本記事では、つみたてNISA対象投信のうち、特に債券比率の高い「ローリスク」なファンドについて、 将来予想される利益 そこから、老後の生活にどの程度役...

この2つの記事では、20年間の総積立額792万円に対し、20年後の評価額は

  • ローリスク:1,141万円(349万円の利益)
  • ハイリスク:1,422万円(630万円の利益)

とそれぞれ試算しました。本来であれば、この利益に20.315%の税金がかかるものを、つみたてNISAならば非課税になるのです。

本来の税額とつみたてNISAで非課税になる額
ローリスク ハイリスク
利益 349万円 630万円
本来の税額
(特定口座など)
約70.9万円 約128.0万円
つみたてNISA 0円 0円

このように、本来の積立投資であれば数十万円かそれ以上のお金が税金になっていたものの、つみたてNISAでは全額非課税になります。当然ですが、非課税になって浮いた分のお金は、あなたが自由に使えるお金です。

100万円以上のお金を「好きに使っていいよ」と言われたら、何に使いますか?つみたてNISAの非課税メリットとは、そのくらいのインパクトがあるものなんです。

投資額が多く、儲けも大きいほど、非課税のメリットは大きい

このモデル計算から言えることとして、以下の事柄もあります。

  • 投資額が多いほど、非課税のメリットは大きい
  • 儲けが大きいほど、非課税のメリットは大きい

例えば、毎月3,000円を利回り2%の商品に20年間積み立てても利益は16万円にしかなりません。この時の非課税額はわずか3.2万円です。

よりたくさんのお金を得たいなら、ハイリスクハイリターンな商品に満額積み立てを目指そう、というわけですね。

つみたてNISAを使うことで、他の節税策が使えないなどの弊害はある?

つみたてNISAは他の節税策には影響しません

これだけお得な制度なので、つみたてNISAを使ったら、他の節税策が使えなくなるのでは?とお考えではありませんか。しかし、そこは安心してください。つみたてNISAでの非課税メリットは、他の節税策に影響を及ぼしません

例えば、所得控除には以下のような種類がありますね。

  • 基礎控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 扶養控除
  • 医療費控除
  • 雑損所得
  • 社会保険料控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 小規模企業共済等掛金控除
  • 寄付金控除
  • 障害者控除
  • 寡婦(寡夫)控除
  • 勤労学生控除

これらの各種控除とつみたてNISAの税制は一切関係ないのです。住宅ローン減税とか、エコカー減税などにも一切影響しません。

つみたてNISAには年末調整・確定申告は不要です

そもそも、つみたてNISAには年末調整や確定申告などは一切不要です。

  • いくら積み立てているのか
  • 今月いくら評価益が出ているのか
  • あと何年積み立てるのか

こういった事柄を国税側に申告しなくて良いのです(つみたてNISAの制度として、そのような事務手続きは一切不要なように作られています)。

よくある誤解:つみたてNISAで所得税を節税できる!??

あなたが「投資信託を積み立てることで、所得税を節税できるよ」と聞いているなら、それはiDeCoのことです。つみたてNISA同様、積み立てて運用するiDeCo(個人型確定拠出年金)との比較は以下の記事で紹介しています。

つみたてNISAとiDeCo。どちらを優先的に投資する?
つみたてNISAを始めるに当たって、一緒に考えたいのが確定拠出年金(以下:iDeCo)との投資配分です。 両者はいずれも投資信託を利用した税制優遇制度ですが、運用上いくつか異なるポイントがあります。 筆者は2018年から...
iDeCoは社会保険料控除に使えますので、年末調整や確定申告を通じて、支払額を会社や税務署などに提出します。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 投資で得た利益にかかる税金は20.315%だが、つみたてNISAを利用すると全額非課税にできる
  • つみたてNISAと各種控除は関係しない。つみたてNISAを利用することで、今まで使っていた節税策が使えなくなることはない
  • 「投資信託を積み立てて所得税を節税しよう」という話はiDeCoのこと

もし、「つみたてNISAを始めることで、逆に支払う税金が多くなるのでは?」と心配しているなら、その点は安心してください。つみたてNISAを始めても支払う税金の額は変わりません。

「投資でリスクを取る(損をするかもしれない)」という可能性を除けば、つみたてNISAは利用者にとってお得になるように作られている制度です。

税金や手続きの手間などは気にすることなく、気軽に始めてみてほしいなと思います。

コメント