今すぐつみたてNISAを始めるなら、定番のSBI証券で!



「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!

オススメの証券会社3社はココだ!




ぶっちゃけ、つみたてNISAの儲けっていくらぐらいなの?

運用シミュレーション
スポンサーリンク

つみたてNISAでの儲けの額に関心がありますか

いくらお金が手に入るのか。それで将来(老後)の生活が豊かになるのか。って凄い関心事なんですよね。ここに興味を抱く方って多いと思います。

そこで、いろいろ試算とかやってみましたよ!ざっくりと言えば、おそらく投資額の1.2~1.5倍程度になれば成功です。意外と少ないと感じるかもしれませんが、その分損失もあまり大きくなりにくいのがつみたてNISAの良いところです。

本記事ではその結果を踏まえ、つみたてNISAで期待できる儲けの額を紹介します。

「結構儲かるんじゃない?」って思ったら、つみたてNISAを始めてみましょう!楽天証券ではじめると楽天スーパーポイントをもらえるので、なんとなくつみたてNISAを始めるよりも利益が増えますよ!


楽天証券のウェブサイトを見る

[スポンサーリンク]

ざっくりと言えば、投資額の1.2~1.5倍程度の儲け

筆者が思うに、つみたてNISAの儲け額は投資額の1.2~1.5倍程度です。例えば、満額に相当する800万円を投資すれば、960万円から1200万円程度のお金になる計算です。もちろん、相場的な理由でこれより悪くなる可能性もありますが、目安として大体960万円から1200万円程度で見ておくと良いと思います。

この根拠は?

様々な試算に基づきます。例えば、

  • 利回り6%で20年間積立投資を行うと、20年後の評価額は約1.8倍
  • 利回り4%で20年間積立投資を行うと、20年後の評価額は約1.5倍
  • 利回り2%で20年間積立投資を行うと、20年後の評価額は約1.2倍

と求まります。実際には株式100%で運用したときの利回りがおよそ6~7%程度と言われますから、将来の利益は多くても1.8倍程度。実際にはバランスファンドで運用される方もいますし、この試算自体がコストなどを反映していないことからも、もう少し利回りを低めに見積もって1.2~1.5倍程度と考えています。

つみたてNISAは、少なくとも、投資額が5倍にも10倍にもなるような劇的な運用は絶対に期待できません(投資に絶対はありませんが、これだけは断言しても良いと思います。)

つみたてNISAでの儲けは、毎月の積立額に依存する

つみたてNISAを含む、投資信託の積立投資では、最終的に得られる利益は毎月の積立額に大きく依存します。例えば、利回り5%で運用できたとして、

  • 毎月3万円で20年間積立投資を行うと、20年後の利益は約500万円
  • 毎月2万円で20年間積立投資を行うと、20年後の利益は約335万円
  • 毎月1万円で20年間積立投資を行うと、20年後の利益は約167万円

となります。つまり、つみたてNISAでできるだけ大儲けしたければ、毎月の積立額は満額である3.33万円に設定すべきなのです。

[スポンサーリンク]

しかし、儲けを重視しすぎてはいけない

しかし、つみたてNISAを含む投資はリスクとリターンのトレードオフ。

  • 平均利回り6%を期待できる商品は、当然ハイリスク
  • 平均利回り4%を期待できる商品は、ミドルリスク
  • 平均利回り2%を期待できる商品は、ローリスク

となり、高い利回りを追求すると、相応のリスクを取る必要も生じます

つみたてNISAで「リスクが高い」と言われたら、それは価格変動が大きい可能性を示します

リスクが高いものは損失と利得の度合いが期待リターンに対して高くなる。また期待リターンの大きいものは一般にリスクも大きい。それゆえ期待リターンの高いものは元本の減るリスクが高まる。そのため、高い利得を得たい者は、損失する可能性を覚悟しなくてはならない

出典:リスク | wikipedia

利回りの高い商品(例えば先進国株式)は、リーマンショックなどの金融危機では値下がりしやすく、大きなダメージを受けやすい商品です。そのため、あなたがこれからつみたてNISAを始めるなら、

  • 高いリターンを得るために、高いリスクを取るか
  • リスクを嫌って、低いリターンを選択するか
  • 両者の中間を目指すか

のいずれかを選択することになります。「ローリスクハイリターン」なる都合の良い商品はありませんので、リターンを重視するか、リスクを回避するか、もしくは両者の中間かを選ぶしかありません。

リターンとリスク別!具体的な商品例

ハイリスクハイリターン商品

ハイリスクハイリターンな商品は、損失の可能性もあるものの、儲けが最も大きくなる可能性がある商品です。「先進国株式」「全世界株式」「新興国株式」などはハイリスクハイリターンな商品です。

  • eMAXIS slim 先進国株式インデックス
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
初めてのつみたてNISAは「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」でもいいんじゃない?
「つみたてNISA」を利用する際に、一番困りそうな点は商品選びです。 つみたてNISA対応投資信託は100本以上あります その中から1本、ないし2本選ぶとしたら? なかなか自発的にピンポイントで投資信託を選べる方は少な...

これらの商品は、20年後に投資額の1.8倍程度のリターンを得られる可能性がありますが、リスクの高さゆえにそこから大きくずれる可能性があります。

ローリスクローリターン商品

ローリスクローリターンな商品は、損失と儲けをできるだけ抑え、確実性を高めている商品です。つみたてNISAでは、債券比率が50%程度を超えるバランスファンドをローリスクローリターンな商品と呼んで良いと思います。

  • 三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)(愛称:マイパッケージ)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイ・インデックスバランスファンド 4資産均等型
  • 楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)(愛称:楽天・バンガード・ファンド(バランス債券重視型))

これらの商品は、20年後に投資額の1.2倍程度のリターンを得られる可能性があります

商品選択のコツ

  • 高いリターンにこだわらず、20年間継続できる商品を選ぶ
  • 投信ブロガーの保有ファンドは参考程度に(彼らはリスク選好的である)

つみたてNISAで勝者になれる人は、きっと20年間運用を継続できた人です。どうか、リターンの大きさだけでなく、「毎日の価格変動に耐えられるか」という視点でも選んでみて欲しいです。また、つみたてNISAで商品を選ぶ際に、投信ブロガーがどんな商品を買っているか、参考になると思います。

つみたてNISAの儲けを「確実に」増やす方法

楽天証券かSBI証券でポイント投資を併用すると、もらったポイントの分だけ将来手にするお金が増えます。ポイントはサービスが続く限りもらえますので、不確実な将来において確実に利益を増やす方法です。

  • 楽天証券:ハッピープログラム(投資信託残高10万円ごとに4ポイント) + 楽天カード積み立てで掛け金の1%還元
  • SBI証券:投信マイレージ(投資信託残高の0.01~0.2%(年率)を還元)

以下は、楽天証券、SBI証券、ポイント還元なしの3つのケースで、楽天・全世界株式インデックス・ファンド(年利5%と仮定)を毎月1万円ずつ積み立てた時の20年後の資産残高の違いです。厳密にはSBI証券のTポイントはつみたてNISAでは利用できませんが、今回はポイントは全て再投資したものとして計算を行ないました。

つみたてNISAにポイント投資を併用

つみたてNISAにポイント投資を併用

この計算結果によると、ポイント投資を併用すると、特に楽天証券利用時に最大6万円ほど最終的な収益の底上げを期待できます。当然ながら、毎月の積立額を増やすほどに貰えるポイントも増えるため、最終的な利益はポイント特典の無い場合に比べて10万円単位で変わってきます。このポイント投資の併用が、つみたてNISAで確実に利益を伸ばすための方法の1つです。


楽天証券のウェブサイトを見る

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAで期待される儲けは、20年間の積み立てで、投資額の1.2~1.8倍程度。コスト面なども勘案すると、1.2~1.5倍程度の儲けが出たら成功
  • 高いリターンを追及すると、必然的に高いリスクが伴い、大きな損失を抱える可能性も大きくなる。リターンとリスクは表裏一体であることを知っておこう
  • ポイント投資も併用して、つみたてNISAで期待される利益を確実に増やそう

もし、失敗が怖いなと思ったら、リスクの低い商品を少額から運用してみてください。つみたてNISAは運用に失敗しても借金することはありませんので、投資額を抑えれば、大金を失う大失敗も避けられるからです。

つみたてNISAの失敗をできるだけ避ける方法
結論から述べると、以下の2つを守ると金額的な大失敗(大損)を避けることができます。 毎月の積立額をできるだけ小さくする できるだけ値動きの小さい商品に投資する もともとつみたてNISAはどんなに損をしても借金は...

コメント