記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

SBI証券の「つみたてNISA口座開設キャンペーン」に参加して現金を狙おう(2018年10月31日まで)




\シェアしてください!/

SBI証券のつみたてNISA口座開設キャンペーン 証券会社

つみたてNISA、あなたはもう始めていますか?もしまだ始めていないなら、SBI証券の「つみたてNISA」口座開設キャンペーンを利用して、始めてみてはいかがでしょう?

筆者も利用しているSBI証券では、2018年10月31日までに「つみたてNISA」の口座開設の申し込みをすると、抽選で2,000人に2,000円のプレゼントエントリーのために投資信託を買う必要もありません(ただし、投資信託の積み立てを開始すると、当選確率が上がります)

この期に、SBI証券でつみたてNISAを利用してみませんか。


SBI証券のつみたてNISAキャンペーンを今すぐ確認!

[スポンサーリンク]

SBI証券のキャンペーン概要

  • 最大2,000人に2,000円の現金プレゼント(総額400万円)
  • キャンペーン期間は2018年8月1日から2018年10月31日まで
  • 「つみたてNISA」の口座を開設すること(一般NISA(ただのNISA)やジュニアNISAは対象外)
  • エントリーのために投資信託を買う必要はありません

キャンペーン対象になるまでの手順

  1. 2018年10月31日までに、SBI証券に総合証券口座を開設を申し込むこと。その際に「つみたてNISA」を同時に申し込むこと
  2. 2018年11月31日までに、「つみたてNISA」の口座開設を完了していること

以前のキャンペーンと比べて、エントリー要件がかなり緩和されました。SBI証券でつみたてNISA口座を開設したら、それでエントリー完了です。

キャンペーンの疑問に思う個所を説明します

SBI証券への口座開設が必要です

「つみたてNISA」の開設申し込みは、SBI証券の総合口座申し込みの途中で行います。口座を申し込む際に、あなたの名前や住所などを入力する最中に「NISAはどうするか」といった設問がありますので、そこで「つみたてNISA」を選んでください。

申し込みから「つみたてNISA」口座開設完了まで2週間ぐらいかかります。が、今は申し込みが集中し、最大4週間ぐらい時間がかかる可能性があるので、お早めに開設申し込みされることをオススメします。

2014年のNISAの時も、開始直後は結構混雑して時間がかかっていたんですよ!

住信SBIネット銀行は行っても行わなくてもOK

SBI証券の口座開設の申し込み途中で「住信SBIネット銀行、SBIハイブリッド預金、預り金自動スィープサービス」といった文言が出てきます。これは住信SBIネット銀行の同時口座開設になりますので、必要な場合にはお申し込みください。

住信SBIネット銀行の口座を開設することで、

  • コンビニATMで住信SBIネット銀行に入金し、ウェブサイト or スマホアプリからSBI証券口座への入金ができるようになります(逆の流れ出金も可能)
  • 好利率のSBIハイブリッド預金を利用できます

仮に申し込まなかったとしても、後々申し込めますが、手間を考えるとSBI証券口座と同時に開いておいたほうが簡単です。

【動画】「つみたてNISA」で投資信託の設定方法

つみたてNISAでどの投資信託を買えばいいかな?

いろいろ考えはあるでしょうが、今回は楽天・全世界株式インデックス・ファンドを推しておきます。

[st-card id=51]

この商品はたった1つで、日本を含む、世界の株式に投資できる商品で、世界の経済成長があなたの利益に繋がります。過去のデータに基づく限り、株式物のインデックスはできるだけ長く運用することで、元本割れの可能性は低くなります

キャンペーン参加するなら、投資信託は買わなくてOK

キャンペーン参加するだけなら、投資信託は買わなくてOKです。

とはいえ、2018年の非課税枠は2018年しか利用できませんので、口座開設後にはさっそく何かの投資信託に積み立てることをオススメ。「これ、やっぱ合わないな」と思ったら、途中で積み立てをやめることもできますよ!

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAは投資信託の長期投資に有利な制度。非課税を利用して、大きな利益を上げよう
  • 投資信託の長期投資の優位性は、金融庁はじめ、さまざまな研究者が発表している
  • SBI証券ならつみたてNISAの申し込みを行った方のうち、2,000人に現金プレゼント

ちなみに、つみたてNISAの利用者は20代から40代が多いのだとか。毎月少額の積み立てで将来に備えるという仕組みは、特に今働いている人たちにはぴったりですよね。

最低100円から利用できますから、まずは3000円ぐらいから試してみて欲しいな、と思います。

キャンペーンチェックしてみてね!

コメント