「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!

オススメの証券会社3社はココだ!

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

【年齢不問】つみたてNISAのポートフォリオはたった1つの投資信託で十分

スポンサーリンク

世の中には、つみたてNISAの複雑怪奇なポートフォリオを提案する方も結構いらっしゃるのですが、あれもこれもと投資信託を持つ必要は(あまり)ありません。せいぜい1つ、ないし2つ程度持っておけば十分ですし、そのほうが楽です。

筆者個人はつみたてNISAに選ぶ商品として、

  • 失敗を避けたい派:ニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型)
  • 中間:eMAXIS slim バランス(8資産均等型)
  • 大きく儲けたい派:eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)

の3つをオススメします。このうち、どれか1つだけ選んでください。2つ以上選ぶ必要はありません。年齢も問いませんので、あなたの感覚で選ぶと良いと思います。

以下、この3つを挙げた理由などを紹介します。

[スポンサーリンク]




筆者オススメのポートフォリオ

全て投資信託一本で話が済むようになっています。今回はつみたてNISAのみ利用することを前提に話を進めます。

ニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型)

ローリスク派の「つみたてNISA」利用法。予想される利益から老後の売却モデルまで
「つみたてNISA」を始めたら、どのくらい儲かるか、って気になりますよね。本記事では、つみたてNISA対象投信のうち、特に債券比率の高い「ローリスク」なファンドについて、 将来予想される利益 そこから、老後の生活にどの程度役...

ニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型)は、これ1つで国内と先進国の株式と債券に25%ずつ投資するバランスファンドです。JPモルガンAMの超長期マーケット予測2019を利用して利回りを求めると、以下のようになります。

  • リターン:2.75%
  • リスク:10.57%
  • 1年間の最大損失見込み額:投資額の18.4%

※リスクとはリターンの触れ幅のこと。後述

選定理由

つみたてNISAの中でリスクを抑えたものを選びました。8資産均等型ほどではないものの、投資先の分散性が高く、リスクを抑えているので、損失への不安が強い初心者に向いています。

4資産均等型は国内と先進国の株式・債券を運用するという、かなり伝統的な投資を再現できます。ぼろ儲けすることはないでしょうが、安定的で堅実な結果を期待できると思います。

なお、現在は中国やインドは含まれませんが、将来的には含まれる可能性もあります。

eMAXIS slim バランス(8資産均等型)

【つみたてNISA】「eMAXIS slim バランス(8資産均等型)」の積立額と老後資金の関係!
つみたてNISA対象投信の人気商品の1つに「eMAXIS slim バランス(8資産均等型)」があります。三菱UFJ国際投信の資料によると、このファンドは2018年1月から8月までの中で、「eMAXIS slim」シリーズで2番目に売れた商...

eMAXIS slim バランス(8資産均等型)は、これ1つで世界中の株式、債券、不動産投資信託に投資できるバランスファンドです。おそらく、つみたてNISAのなかで最も分散投資がされている商品の1つです。

JPモルガンAMの超長期マーケット予測2019を利用して利回りを求めると、以下のようになります。

  • リターン:3.94%
  • リスク:13.48%
  • 1年間の最大損失見込み額:投資額の23.0%

選定理由

リスクが中間程度の商品の中で、特に人気が高いものを選びました。加えて、投資先の分散性が高いため、初心者でも運用しやすいのもメリットです。

世の中にはeMAXIS slim バランス(8資産均等型)と別の商品を一緒に運用する人もいますが、個人的にはそのような運用は不要だと思います。なんなら、つみたてNISAとiDeCoの両方でeMAXIS slim バランス(8資産均等型)を運用するのも構いません。

eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)

eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)は、日本を含む先進国と新興国の株式に投資できる商品です。投資する株式の分散度合いが高く、かつ日本も含まれているため、文字通り全世界株式に投資できる商品です。

JPモルガンAMの超長期マーケット予測2019を利用して利回りを求めると、以下のようになります。

  • リターン:4.38%
  • リスク:18.94%
  • 1年間の最大損失見込み額:投資額の33.5%

選定理由

つみたてNISAの中で株式にまとめて投資できるものを選びました。よく、「先進国株式が良いのか」「米国株が良いのか」「新興国はどうすればいいか」と聞かれるので、「それじゃあ、全部まtめて投資しようぜ」と思ったときに選べる商品です。

株式なので、この3つの商品の中でもっとも値動きが大きくなります(リスクも高い)。その代わり、将来大きく儲かる可能性を秘めた商品でもあるので、損失を許容できる方に適しています。

ネット上の「オススメポートフォリオ」コンテンツ。ここに注意

国内債券以外の資産は相関度合いが高いので、分散させる意味は薄い

つみたてNISAでは様々な商品を選択できますが、国内債券を除くと基本的にどの商品も値動きの傾向は似ています。なので、複数の商品を選んでも、値が下がる局面ではどの商品も値下がりしやすくなっています

これは株安と円高が同時に発生しやすい日本特有の事情です。実際、相関係数を見ると、国内債券を除いて正の相関になっていることがわかります。

(参考)各ファンドの相関係数 | eMAXIS
eMAXIS(イーマクシス)は、三菱UF&#65322...

よく投資の本では「株式と債券をバランスよく持ちましょう」と言われ、実際にそういうポートフォリオが提案されることも多いのです。例えば、以下。

つみたてNISAの効率良い運用方法とは?ポートフォリオの例|やさしい投資信託のはじめ方
『つみたてNISAのメリットを活かすなら、どんな運用をするのが良いのか?』『何か1本だけ運用するか?ポートフォリオを組むか?』『つみたてNISAのような非課税口座と、通常の課税口座をどう使い分けるか?』このような疑問について考えてみましょう

しかし、特に外国債券は株安に伴う円高で値下がりしやすいの、リスクを分散したはずが、結局似たような値動きになりやすいというオチがつくのです。

そもそも債券のみのファンドはつみたてNISAでは選べませんので、その点もご注意ください。

「利回りx%で増える」とは限らないので、期待しすぎないように

特にFPが書くコンテンツに多いのですが、「毎年利回りx%を期待できる皮算用」を紹介していることがあります(ぶっちゃけ、うちでも書いてます)。しかし、この皮算用はあくまで皮算用なので、鵜呑みにしすぎると株安時に痛い目にあうことになります。

例えば以下の記事では、まるで株式ファンドを毎年5%で運用できるような記載になっています。

老後資金の上乗せを考える、50代のつみたてNISA(積立NISA)ポートフォリオ | 資産運用・経済 - Mocha(モカ)
この記事は『つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!』(スタンダーズ)『つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!』(スタンダーズ)からの内容を抜粋したものになります。

しかし、実際にはある年は大きく増えて、またある年はちょっと減ってという変動を繰り返しながら、長い目で見ると平均x%となることが多いです。毎年同じ比率で増え続けるわけではないのです。

なお、この「変動」のことを「リスク」といいます。ハイリスクハイリターンとは、大きな対価を期待できるかわりに、値動きの変動も大きい(つまり、あまり儲からない可能性も大きい)という意味なのです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 失敗を避けたい派:ニッセイインデックスバランスファンド(4資産均等型)
  • 中間:eMAXIS slim バランス(8資産均等型)
  • 大きく儲けたい派:eMAXIS slim 全世界株式(オール・カントリー)

つみたてNISAでは、ほかにも様々な商品がありますが、これらの中からどれかを選んでおけば十分だと思います。わざわざ複数の投資信託を選ぶよりも、たった一本のファンドを運用したほうが簡単だと思いませんか

コメント