今すぐつみたてNISAを始めるなら、定番のSBI証券で!



「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!

オススメの証券会社3社はココだ!




つみたてNISAの非課税枠は無理をしてでも使い切ったほうがよい?

非課税枠
スポンサーリンク

結論から述べると、理論上は枠を使い切ったほうが良いのですが、実際の生活的な話をすれば、無理なものは無理としたほうが良いと思います。

つみたてNISAは「40万円を使い切らなければいけないものではない」ので、まずはあなたのできる範囲で試してみることをオススメします。

つみたてNISAは満額(年40万円)積み立てずともOK!できる金額から運用しよう
つみたてNISAの制度では、 40万円 800万円 という、2つのキーになる数字があります。これは非課税の額で、それぞれ年額・20年間の総額です。 これはあくまで制度上の上限となる金額で、私たちがつみたて...

ちなみに筆者は一時期無理をして満額積み立てをしていましたが、やっぱりきついので減額したことがあります。

[スポンサーリンク]

理論上は今すぐ満額で積み立てたほうが良い

株価は「今現在が一番安い」

「株価が将来も上がり続ける」という前提に立つならば、

  • 非課税枠は使い切ったほうがいい
  • しかも、できるだけ早く(年初に一括投資)

という理屈が成立します。

もちろん、将来にわたって株価が上がり続けるかはわかりませんが、事実として過去100年以上株価は上昇してきましたし、つみたてNISAもそれに賭けている制度です。言い換えると、つみたてNISAをやる以上は、暗黙的に株価の上昇にベットしているのと同義ですから、「株価は現在が一番安い」と考えて、投資するのが正しい行動です。

だから今すぐ「一括投資」

この考えに基づくと、つみたてNISAは今すぐ一括投資すべきです。現実的には40万円の一括投資はできませんので、例えばボーナス積み立てを利用して398,800円を今すぐ積み立てて、12ヶ月の毎月の積み立てでは100円ずつ積み立てる、という考えです(最低1000円の積立ならば、388,000円を一括で積み立てて、残りを毎月積み立てる)。

あなたがもし、年初に一括投資する投資ブロガーさんの記事を見かけたことがあれば、彼らはおそらくこの考えで運用を行なっています。

しかし、「積み立て貧乏」になっては意味がない

お金が必要なときに、儲かっているとは限らない

ただ、現実的に考えて、満額積み立てた分だけ生活が苦しくなってしまっては本末転倒です。例えば、

  1. 年額40万円積み立てるべく、毎月3.3万円の積み立てを始めた
  2. 途中で生活費がきつくなり、どうしても一部を解約したくなってしまった
  3. その時、たまたま相場が不調で、評価損を抱えていた

といった状況ではどうでしょうか。お金が必要になった時、運用している投資信託もたまたま評価損を抱えている、とは良くある話です。それどころか、不景気のタイミングで株価も下がっていれば、

  • 本業の収入も減るかもしれない
  • 株価も下がるだろう(= つみたてNISAも評価損を抱えるだろう)

といった状況に陥ります。これでは、せっかく将来の利益を期待して積み立てているのに、現実にはお金を減らしてしまうことになります。個人投資家がお金を減らす理由として、本当によくある話なのです。

無理をして満額積み立てる必要はない

といった失敗談を考慮すると、無理をして満額積み立てる必要はない、というのが結論になります。

つみたてNISAは、最終的な利益はほぼ投資額に依存する運用方法です。とはいえ、例えば3.3万円の積み立てと3万円の積み立てでは、計算上の利益はさほど変わりません。そんな中で、無理に満額積み立てて途中で取り崩したくなるよりも、運用額を少し抑えて20年間きっちり運用できた方が良いと思いませんか?

投資金額別!つみたてNISAの予想平均利益一覧
この記事では、つみたてNISAの積立金額と、選ぶ商品のリターンから、20年後のおおよその利益を算出したものを紹介します。「このぐらい投資すると、このぐらい儲かるのか」と参考程度にご覧ください。 投資には「絶対」はないので、将来の損益は...

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 理論上は満額利用した方が良い。しかも、現在が一番株価が安いと考えて可能な限り一括投資するのが正しい
  • しかし、実際には無理をして積み立てて、あとあとお金が必要になってしまうのがよくある失敗。お金が必要になった時に、つみたてNISAの損益がプラスとは限らない
  • ゆえに、無理をして満額利用する必要はない

正直、そんな無理をしてやるものではないと思いますよ!まずは1000円や5000円から!

コメント