「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!
★オススメの証券会社3社はココだ!

  1. 楽天証券
  2. SBI証券
  3. 松井証券




じぶんの積立と積立NISA(つみたてNISA)はどちらを選ぶ?

つみたてNISA関連のTwitterも始めました!

類似商品との比較

あまり需要が無いでしょうが、貯蓄保険の「じぶんの積立」とつみたてNISAの比較を行なってみます。筆者はこの2つを併用しており、それぞれのメリットをうまく使い分けることで、資産形成が加速されると感じています。

じぶんの積立の公式サイトはこちら。

手軽な積立保険「明治安田生命じぶんの積立」|明治安田生命
「明治安田生命じぶんの積立」。毎月5,000円から始められ、全期間を通じて既払込保険料以上の金額が受取れる、手軽な積立保険です。

実際の利用感については筆者の友人が丁寧にまとめているので、そちらをご覧ください。

明治安田じぶんの積立を解約しました。引き止め等は一切無かったので入る人は安心して欲しい
「じぶんの積立」を解約しました。契約した時と同じく勧誘や引き止めなどはありませんでした。本記事では私がこの保険を解約したので紹介をします。入ろうかな?と思う方の参考になるかも知れません。ちなみに解約は電話一本で出来ました。

[スポンサーリンク]

実はつみたてNISAもじぶんの積立も両方やってます

主に生命保険料控除目的

実は筆者、じぶんの積立もつみたてNISAも両方使っています(今たぶん2年目ぐらい)

★それぞれを利用した理由

  • じぶんの積立は主に生命保険料控除
  • 一方つみたてNISAは資産形成目的

じぶんの積立は途中で解約しても返戻率が100%以上(つまり元本割れなし)で運用できる点が良いですよね。ですが、満期保険金は103%でお金を増やす面ではあまり効果的ではないのと、掛け金が最大4口(1口5,000円)までに限られる点が弱い点です。

そのため、もっと資産を増やそうとしてつみたてNISAの出番です。その代わり、つみたてNISAでの運用は元本割れの可能性もある点が弱点ですね。

これらの特徴から、つみたてNISAと合わせて利用すると有効的であると考えて、両方使っています。

じぶんの積立とつみたてNISAのメリット・デメリット
メリットデメリット
つみたてNISA運用次第で資産を大きく増やせる
運用で得た利益にかかる税金は0
元本割れの可能性がある
掛け金そのものは非課税にならない
(掛け金が非課税になるのはiDeCo)
じぶんの積立いつでも100%以上の返戻率
健康状態に関わらず加入可能
生命保険料控除に利用可能
最大4口までしかかけられない
最大10年間資金が拘束される
いわゆる「ドアノック」商品の1つ
ドアノック商品とは、生命保険加入などのきっかけを作る商品のことです。じぶんの積立は必ず営業員との対面で契約を行ないます

以下のtogetterはじぶんの積立に関するまとめです。デメリットはあるものの「貯蓄商品としておいしい」との評価も得ていますね。

生命保険料控除のため「金を払って満期で戻ってる」だけの虚無な保険が存在する。完全に無を売っている。
資料請求すっかな

実は個人投資家にも評判の良い保険

一般に個人投資家は不要な生命保険などを嫌う傾向になりますが、じぶんの積立は比較的好評です。以下は「投資をしたくない個人に最適な金融商品は何か」とのツイートに寄せられたコメントを転載したものです。

例えばインフレリスクなどを考えると、じぶんの積立の利率ではインフレに負けてしまい、目減りしてしまう可能性がありますそれでも「元本割れしない」というのはかなりのアピール文句になるでしょうか。

例えば、現在20万円で購入できるパソコンが10年後に40万円になったとき、10年間で9000円増えるだけのじぶんの積立では、その価格上昇に適いませんよね。それがインフレリスクです。

ちなみに、冒頭でも紹介した筆者友人は「利回りの良い積立貯金代わり」に使っているそうです。

反則級?保険控除が使えて元本割れナシの生命保険「じぶんの積立」を紹介します
生命保険控除のことを調べる人も多いのか、明治安田「じぶんの積立」で検索される人が増えてきました。控除を考えると入った方がお得という数少ない保険です。お得な理由などを記事にまとめました。

資産形成の「懐刀」は「つみたてNISA」

たとえ、生命保険料控除を使えたとしても、じぶんの積立だけで将来のお金に備えるのは非現実的です。老後に2000万円必要としたら、じぶんの積立だけでは到底届きません。

ゆえに、個人的にはやはり資産形成の中心はつみたてNISAなのです。

多くの方は投資よりも保険のほうを好むことが多いと思います。あなたももしそうなら、筆者のようにじぶんの積立とつみたてNISAを併用し、つみたてNISAの掛け金の一部をまわすことで、ちょっとした貯蓄に活用してみてはいかがでしょうか、というお話でした。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • じぶんの積立はいわゆるドアノック商品ではあるが、地味に使える貯蓄保険
  • 資産形成を考えると、つみたてNISAを優先的に利用すべし。ただ、投資よりも保険に安心感を覚える方は併用しても良いと思う
  • 筆者はじぶんの積立もつみたてNISAも利用している

個人的には、仕組みの複雑な変額保険等に比べると、ずっと良心的な商品だと思っています。

変額保険に関心持ってるなら、「つみたてNISA」を始めるべき
変額保険はつみたてNISAと似ており、毎月定額で積み立てることができる金融商品です。変額保険は、以下の2つを1つの金融商品で実現できるために、現役世代の心をつかみやすい特徴を持っています。 死亡保障・高度機能障害保障 将...

なお、4口かけた際の返戻金は123.6万円に達しており、ちょっとした教育費代わりにもなるので、学資保険代わりに利用することも可能です。

つみたてNISAと学資保険はどちらが良いか?ソニー生命の商品を例題に
「つみたてNISAは毎月積み立てで将来に向けて資産を作る制度」ということで、学資保険との違いやどちらを利用するかと悩んでいる方がいらっしゃるようです。 あなたも、もしかして将来の子供の学費のことを考えたりしていませんか?? 本記...

コメント

タイトルとURLをコピーしました