現行NISAからつみたてNISAに切り替える手順

現行NISAとの比較

先日、筆者は現行NISAからつみたてNISAに切り替えの申し込みを行ったので、その手順を簡単に紹介します。

といっても、複雑な申し込みなどは一切無く、すごく簡単に移行できます(筆者はまだ移行中)。

以下、

  • すでにNISAの口座を開設している
  • すでにマイナンバーを提出している

の2つを行った上での話しです。

[スポンサーリンク]



NISA利用者がつみたてNISAを利用するなら勘定変更が必要

いろんなところで言われていますが、つみたてNISAと従来のNISAを併用することはできません

いずれか1つを選びます。

  • あなたがすでにNISA口座を開設しており、かつ、つみたてNISAを利用しないならば、手続きは不要です
  • 一方、すでにNISA口座を開設しており、かつ、つみたてNISAの利用を希望するならば、手続きが必要です

勘定変更の手続きは、証券会社のマイページから行います。

NISAからつみたてNISAへ切り替える手順

以下、SBI証券の場合です。

  1. SBI証券のマイページから勘定変更を申し込む
  2. 申し込み後、SBI証券から書類が届く
  3. 届いた書類にサインして郵送

なお、筆者が変更予約を行ったのは9月末ごろの話であり、現在は少し異なる可能性があります。

マイページから勘定変更を申し込む

勘定変更申し込み時に必要な情報は、

  • あなたの名前
  • あなたのSBI証券での口座番号
  • 生年月日
  • Eメールアドレス(登録しているもの)

です。

あとは、いろいろ長い規約をざっくり目を通す必要があります。

SBI証券から届いた書類にサインして返送

この書類には氏名を書く欄がありますので、そこにサインするだけです。

SBI証券の書類はいつも返送用封筒を同封してくれますので、サインした書類をそれに入れて返送するだけです。

返送後はSBI証券側で手続きが行われますが、記事執筆時点(2017年11月10日)では、まだ筆者口座には反映されていないようです。

NISA→つみたてNISAで保有する株式はどうなる?

NISAからつみたてNISAに変更するにあたってよくある質問として、

  • 2017年以前にNISA預かりで購入・保有していた株式や投資信託はどうなる?

という話があります。

  • そのまま持ち続けてていいの?
  • それとも売らないとつみたてNISAは利用できないの?

これについて、SBI証券のカスタマーサポートに問い合わせたところ、NISAですでに保有している株式や投資信託はそのままで、2018年からつみたてNISAを利用できるとのことでした。

つまり、

  • すでにNISAで持っている株式や投資信託は、2018年以降もそのままNISAの恩恵が受けられます
  • 2018年からつみたてNISAを利用するため、新たにNISAで株式などを買うことはできません
  • つみたてNISAに切り替えるために、売却したりする必要はありません

ということです。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 現行NISAからつみたてNISAへの移行は、証券会社のマイページから申し込むだけ
  • SBI証券の場合は、マイページ申し込み後に書類にサインして返送しよう
  • すでにNISAで株式や投資信託を持っていたとしても移行できます。持っているものをわざわざ売却する必要はありません

コメント