つみたてNISAと一般NISA(ただのNISA)。どちらを利用する?

現行NISAとの比較

2018年から始まった「つみたてNISA」を、あなたはもう利用していますか?

ところで「NISA」と一言で言っても、「つみたてNISA」と「一般NISA(ただのNISA)」と主に2つのサービスがあります(その他、子供向けにジュニアNISAも)。

このあたり、名前が似通っていて、サービスの違いなどがイマイチ良く分かりにくいですよね。

そこで以下では、「つみたてNISAと一般NISA(ただのNISA)。どちらを利用する?」と題して、両サービスの違いを紹介します。

以下では、

  • 一般NISA(ただのNISA):2013年から始まったNISAのこと
  • つみたてNISA:2018年から始まった投資信託の積み立て専門のNISAのこと

と表記します。

[スポンサーリンク]



実はちょっぴり後悔している筆者

筆者は「つみたてNISA」が始まる前から先行予約を行い、さっそく1月から積み立てを開始しております。

「インデックスファンドをがんがん積み立てるぜ!!」と意気込んで始めたはいいものの、最近はちょっと後悔気味ですw

「つみたてNISA」にして後悔した理由

一般NISA(ただのNISA)の特典を魅力的に感じるようになってしまったためです。

ご存知の通り、

  • 一般NISA(ただのNISA)
  • つみたてNISA

はどちらか一方を選ぶことになっています。

両方を選択することはできません。

「つみたてNISA」は投資信託の積み立てに特化していますので、

  • 配当金を非課税で受け取るイベントはありません
  • 「NISAなら買付手数料無料」というキャンペーンの対象にもなりません

と、一般NISA(ただのNISA)のメリットを捨てることになります。

「投資信託の積み立てならiDeCo(個人型確定拠出年金)でもできるよね」と最近思い始め、「あれ?別にNISAでもよかったんじゃない?」という話に至りました。

そもそも、NISAの手数料無料を使って海外ETFとか買ってたので、それを失ったのはちょっとでかいです・・・(今、円高ですし)

つみたてNISAか?一般NISA(ただのNISA)か?

このどちらを選ぶかは、あなたが投資に何を求めるかで決まります

つみたてNISAが向いているケース

例えば、

  • 今からお金を積み立てて老後や将来に備えたいです
  • まだまだ若いですし、あと20年間現役でバリバリ働けます
  • 会社員なので安定的な収入を確保しています

こういったケースでは、一般NISA(ただのNISA)よりも「つみたてNISA」のほうが向いていると筆者は考えます。

「つみたてNISA」は、将来まとめて利益を受け取ることに最適化された制度ですから、可能な限り、20年間運用し続けるのが理想です。

一方、1年間や2年間投資を行って、そこで利益確定も終わらせてしまうと、「つみたてNISA」のメリットはほとんど享受できません。

そういった特徴から、長期間、安定的に収入が期待でき、積み立てを継続できる投資家ほど、「つみたてNISA」に向いています

一般NISA(ただのNISA)が向いているケース

例えば、

  • 配当金や分配金を1円でも多く受け取りたいです
  • もう引退が間近です。5年後ぐらいから年金生活に入ります
  • 自営業やフリーランスなので収入が不安定です
  • 株式や海外ETFなど、様々な金融商品を購入したいです
  • 小型株などで一発当てたいです

こういったケースでは、「つみたてNISA」よりも一般NISA(ただのNISA)のほうが向いていると筆者は考えます。

そもそも「つみたてNISA」で選択できる投資信託は、いずれも分配金を出すような商品ではありません。

「分配金や配当金を生活の足しに」と考える投資家にとっては「つみたてNISA」よりも一般NISA(ただのNISA)のほうが向いています

特にあなたの年齢が高齢になるほど、「一般NISAのほうが良い」と感じるかもしれません。

「一発あてたい」人は一般NISA

これは博打的な話です。

あまり表に出ない話ですが、一般NISAの最大のメリットは、小型株や仕手株のような突然急騰する銘柄を買ったときに、得られる利益を全額非課税にできることだと思います。

例えば、ちょっと古い話で恐縮ですが、2014年に株式分割を行った日本通信(証券コード:9424)は、分割後に1株200円から1,200円程度まで高騰しました。

ネットでは分割前から株式をがっちりホールドし、いわゆる「億り人」になった方もいらっしゃったように記憶しています。

さて、仮に同社の株式を20万円相当保有していれば、評価額は6倍の120万円程度まで膨れ上がります。

これを一般NISAで保有していると、120万円時点で売却したとしても、そこには税金が1円も発生しません。

このような爆発的に急騰する銘柄を一般NISAで仕込んでおけば、「つみたてNISA」で20年間運用して得られる利益以上のリターンになるかもしれません

これもまたNISAの使い方の1つになると思います。

必ずどちらかを選ぼう

上述のとおり、

  • 一般NISA(ただのNISA)
  • つみたてNISA

はどちらか一方を選ぶことになっています。

あなたの投資に対する期待や、サービスの違いに応じて、必ずどちらかを選びましょう。

一般NISAとつみたてNISAを切り替えたい場合には

つみたてNISAと一般NISA(ただのNISA)は相互に切り替えることができます。

ただし、その年に、NISA預り(つみたてNISA預り)で何か商品を買ってしまうと、来年まで切り替えは不可能になります。

[st-card id=25]

一般NISAとつみたてNISAを併用する裏技

これは家族がいらっしゃる方だけが利用できる裏技。

そう、家族で証券口座を開設し、

  • あなた:つみたてNISA
  • 配偶者やあなたのご両親など:一般NISA(ただのNISA)

と選択するのです。

あとはお互いの口座でそれぞれ対応商品を購入していくと、

  • 将来への備える
  • 分配金や配当金を非課税で受け取る

の2つを達成できますね。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAと一般NISA(ただのNISA)はどちらか一方のみ選択可能。あなたのライフスタイルなどに合わせて選択しよう
  • 家族がいる場合には、家族で証券口座を開設しよう。そうすれば、つみたてNISAと一般NISA(ただのNISA)の両方をそれぞれの名義で利用することができる
  • つみたてNISAと一般NISA(ただのNISA)は相互に切り替え可能。ただし、その年に何か商品を買ってしまうと、来年まで切り替えは不可能になる

というわけで、筆者はちょっと後悔しつつも「つみたてNISA」を使っていこうと思います。

あなたはどちらを選びますか?

コメント