記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

つみたてNISAにおける国内債券の取り扱い方法

対象商品(投資信託)
スポンサーリンク

資産運用において、ローリスクで運用できる商品の代表例が国内債券(日本債券。「債権」は漢字間違い)です。投資の書籍などでは、ローリスクな運用をしたければ国内債券に投資しましょう、と記載されていることも多いです。

しかし、2018年から始まった「つみたてNISA」に対応する投資信託の中には、国内債券に100%の割合で投資できる投資信託は1つもありません

「もっとローリスクな運用をしたいのに!なんで「つみたてNISA」では国内債券を選択できないの!?」

そう考えるあなたに、「つみたてNISA」と資産運用をどのように考えるべきかを紹介します。資産運用全体のリスクを下げて、より堅実に利益を追求する方法の解説です。

[スポンサーリンク]




なぜ「つみたてNISA」では国内債券に投資できないのか

3つの理由

筆者の想像ですが、3つの理由を考えています。

  • 国内債券を運用したところで利益が少ないので、非課税枠のメリットを生かせない
  • 日本銀行の金融緩和で、債券市場は歪んでいる
  • 現在の国内債券利回りは日本銀行の目指すインフレ率に及ばない

詳しいところは、以下の記事に書いたのでそちらをご覧ください。

「つみたてNISA」で国内債券ファンドを選べない3つの理由と2つの対策
100本以上ある投資信託から、「つみたてNISA(積立NISA)」のオススメ商品を理由つきで紹介。モンテカルロ法による将来成績の予想も行います

国内債券に投資できないとどうなる?

国内債券は様々な資産クラスの中でもっともリスクの低い商品の1つです。これを利用できないつみたてNISAでは、必然的にハイリスクハイリターンな運用を迫られます。つまり、大儲けできる一方で、大損するかもしれない、ということ。

リスクは承知で大儲けしたいなら全然問題ないのですが、「あんまり損するような運用はしたくないなぁ」と思った時に、国内債券を選択できないのはちょっと辛いです。

そこで、インストックネットの記事では、つみたてNISAを用いた資産運用でリスクを下げる方策として、

  • バランスファンド(複合ファンド)を選ぶ
  • 「つみたてNISA」は利用しない

の2つを挙げています。今回はこの対策部分について、もう少し掘り下げてみたいです。

第1の対策:国内債券を含むバランスファンド(複合ファンド)を選ぶ

オーソドックスな対処法として、バランスファンド(複合ファンド)を選ぶ手があります。

株式や債券、不動産投資信託(REIT)など値動きの異なる資産を組み合わせて運用するファンドのこと。

出典:用語集:バランスファンド | 三菱UFJ信託銀行

「つみたてNISA」における「バランスファンド」の位置づけ

「つみたてNISA」では、バランスファンドはローリスクな投資信託のシリーズとして位置づけられています。というのも、バランスファンドの中にはある程度の割合で国内債券に投資するファンドも含まれているからです。

例:「たわらノーロード バランス」シリーズの場合

以下の図は、「つみたてNISA」の対応商品の1つである、「たわらノーロード バランス」シリーズ(堅実型・標準型・積極型)のポートフォリオを示したものです。

ラインナップ|たわらノーロード|アセットマネジメントOne
アセットマネジメントOneの「たわらノーロード」のサイトです。「たわらノーロード」の商品をご紹介します。

表をご覧になるとわかるように、堅実型および標準型は、

  • ファンドのポートフォリオの一部に国内債券クラスを含んでいる
  • 先進国債券クラスや先進国株式クラスを為替ヘッジ(円高・円安での影響を軽減)で運用している

など、ローリスクさに重点を置いた配分・投資になっています。例えば、堅実型の国内債券比率は36%です。あなたが堅実型に投資すると、投資したお金の36%はローリスクな国内債券で運用されることになります。

各資産クラスをここまで細かに調整する必要があるのかはちょっと疑問ですが、「たわらノーロード バランス」シリーズ(堅実型・標準型・積極型)はローリスクな運用を目指す投資信託の1つとしてはクリアしていると考えます。

国内債券や為替ヘッジ付きの投資信託を探してみよう

「たわらノーロード バランス」シリーズ(堅実型・標準型・積極型)は不人気なので、「つみたてNISAはたわらノーロード バランスを買ってます」という人はネット上では見つからないかもしれません。これはこれで不安材料ですよね。

そこで、あなたが「他のもっと有名な投資信託のうち、ローリスクなものを買いたい」と考えるなら、以下の記事でも参考にしてみてください。筆者個人としては、国内債券を25%含む、いわゆる「4資産均等配分型」のバランスファンドがオススメです(ニッセイ・インデックスバランスファンドやJP4資産均等バランスなど)。

ローリスク派の「つみたてNISA」利用法。予想される利益から老後の売却モデルまで
「つみたてNISA」を始めたら、どのくらい儲かるか、って気になりますよね。本記事では、つみたてNISA対象投信のうち、特に債券比率の高い「ローリスク」なファンドについて、 将来予想される利益 そこから、老後の生活にどの程度役...

第2の対策:「つみたてNISA」とは別に国内債券クラスを買う

個人向け国債を買おう

「つみたてNISA」だけで見ると、ローリスクな国内債券への投資はバランスファンドを利用するしかありませんが、「つみたてNISA」に囚われずに商品を探すと、とても良いものがあります。

それが「個人向け国債」です。

個人向け国債には「つみたてNISA」のような税制優遇制度はありませんが、ほぼ元本保証に近い金融商品なので、ローリスクな運用を行う、という目的は十分に果たせます

個人向け国債と「つみたてNISA」でバランスを取る

ちょっと難しい考え方になるかもしれませんが、個人向け国債と「つみたてNISA」であなたの資産のリスクとリターンのバランスを取ればいいのです。

例えば、

  • 個人向け国債:毎月1万円(50%の比率)
  • 「つみたてNISA」で株式100%のファンドに投資:毎月1万円(50%の比率)

とすれば、「つみたてNISA」で買っている商品はハイリスクハイリターンでも、資産全体で見ればリスクが抑えられます。

株式ファンド・現金・株式ファンド50% + 現金50%のポートフォリオ比較
株式100%
ファンド
現金 株式100%
ファンド
+
現金
リターン
(年平均利回り)
5.7 0.1 3.3
(2.4%抑制)
リスク
(利回りの触れ幅)
18.6 0.0 9.3
(9.3%抑制)
データはmyINDEXのものを利用(1998年~2017年の20年平均)
  • 「つみたてNISA」で買っている商品のリスクリターンは変わりません
  • しかし、あなたの資産全体のポートフォリオで見れば、「つみたてNISA」で運用している資産の割合は50%なので、リスクリターンの影響度も半分になります

個人向け国債でなくても、定期預金などでもOKです。要するに、「つみたてNISA」と他の金融商品を組み合わせることで、ハイリスクな「つみたてNISA」対象商品の割合を下げれば良いという考え方です。そうすれば、資産全体でのリスクは下がります。

バランスファンドか。個人向け国債や定期預金か。どちらの選択が良いか

  • 管理が簡単なのは、対策1の方法(バランスファンドを買うだけ)
  • 自由度が高いのは、対策2の方法(様々な商品を組み合わせる)

対策1の方法は「バランスファンドを買うだけ」という簡単さが魅力です。加えて、「つみたてNISA」の中で資産形成が完結するため、やはり煩雑さとは無縁の運用を期待できます。

対策2の方法は、「つみたてNISA」+ 個人向け国債や定期預金など、あなたの資産全体でリスクとリターンを考えなければいけません。ちょっと難しく感じるでしょうが、あなたの資産は既に銀行口座や証券口座に分散しているはずですから、それを統括して考えるつもりと良いと思います。

どちらかといえば、対策2のような考え方のほうが、本格的な資産形成策になりますよね。個人的には対策2のように、「つみたてNISA」+ 個人向け国債や定期預金といった、つみたてNISAの枠に囚われない運用をオススメします。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 「つみたてNISA」では国内債券クラス100%の投資はできない。バランスファンドを通じて国内債券に投資するか、個人向け国債など「つみたてNISA」外の商品を利用するか
  • バランスファンドを通じて国内債券に投資すると、手間がかからない。「つみたてNISA」の枠組みのなかだけで資産形成が完了する
  • 個人向け国債等を利用すると、「つみたてNISA」を含めた総合的な資産形成になる。本格的だが、自由度は高め

もう1つ余談として、iDeCo(個人型確定拠出年金)を利用すれば、国内債券ファンドを買うこともできます。この場合には、

  • つみたてNISAでハイリスクハイリターンな商品を買って
  • iDeCoで国内債券ファンドを買う

といった運用で、資産全体のリスクと抑えます。いろいろ方法はありますので、あなたが運用しやすそうだ、と思ったものを選択されると良いと思います。

コメント