「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!

オススメの証券会社3社はココだ!

記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

つみたてNISAではMMFは買えない。代用商品も無いに等しい

スポンサーリンク

結論から述べると、つみたてNISAではMMF(マネーマネジメントファンド)を購入できず、MMFの代用となる商品もありません。おとなしく、NISA口座を使わずにMMFを買いましょう。

では、詳しく。

つみたてNISAは利益を得て、その利益を非課税にするための制度です。そのため、比較的安全性の高い商品であるMMFは選択できません。ただし、例えば、

  • つみたてNISA口座以外でMMFを買って運用する
  • MMFではない、比較的リスクの低い商品をつみたてNISAで選ぶ

といったことは可能です。

なお、円建てのMMFはマイナス金利の影響で全て償還していますので、以下は原則として外貨建てMMFであることを前提に話を進めます

[スポンサーリンク]




MMFはなぜつみたてNISAで買えないの?

期待利益が少ないから?

想像の域で語りますが、おそらく「MMF = 債券 = 利益が少ない = 非課税メリットも小さい」からです。

つみたてNISAにおける国内債券の取り扱い方法
資産運用において、ローリスクで運用できる商品の代表例が国内債券(日本債券。「債権」は漢字間違い)です。投資の書籍などでは、ローリスクな運用をしたければ国内債券に投資しましょう、と記載されていることも多いです。 しかし、2018年から始...

上記記事では、国内債券100%のファンドをつみたてNISAで購入できない理由として、以下のようなことを挙げています。

  • 国内債券を運用したところで利益が少ないので、非課税枠のメリットを生かせない
  • 日本銀行の金融緩和で、債券市場は歪んでいる
  • 現在の国内債券利回りは日本銀行の目指すインフレ率に及ばない

そもそも、つみたてNISAも一般NISAも「利益を得てなんぼ」な制度なので、NISAを使って利益の出ない商品を買うメリットはありません(NISAの非課税メリットは運用で得た利益にかかる、からです)。

同様に、個人向け国債もNISA対象外ですが、こちらもやはり期待利益が少ないためでしょうね。そもそもNISAを使ったところで、非課税額などたかが知れているところです。

トルコリラMMFとか利回り高いよね?

トルコリラMMFや南アランドMMFなど、利回りの高いMMFは確かにあります。が、これらの通貨は高インフレのために円高になりやすく、利回りを相殺してしまう可能性が考えられます。

つみたてNISAで株式が選ばれたのは、過去の株式を中心としたポートフォリオの長期投資に優位性があったためです。一方、通貨や安全性重視の債券(短期債)は、商品性やインフレ耐性の面から選ばれなかったと予想されます。

ただし、特定口座で買うことは問題ない

MMFはつみたてNISA対象外ですが、

  • つみたてNISAで株式ファンドを買い
  • 特定口座(課税口座)でMMFを買う

といったポートフォリオを組むのは問題ありません。

為替リスクはありますが、債券そのものは安全性が高いものなので、米ドルMMFなどは外貨預金の代用にも使えますね。

つみたてNISAにMMFのようなリスクの低い商品はあるか

MMFほど低リスクではありませんが、債券を多めに含む、リスクの低い商品はあります。

  • DC年金バランス30(債券重点型)
  • ダイワライフバランス30
【つみたてNISA】「DC年金バランス30(債券重点型)」の積立額と老後資金の関係!
「DC年金バランス30(債券重点型)」はつみたてNISA対象投信の中でもかなり大損しにくい(リスクの低い)商品の1つです。儲けも小さくなりますが、大きな損も抱えにくい。そんな商品です。 さて、この記事では、DC年金バランス30...

いずれのファンドも、債券比率70%、株式比率30%で運用を行なうバランスファンドです。つみたてNISAでは、これよりも債券比率の低いファンドは原則的に扱っていません。

ターゲットイヤーファンドは将来債券比率が高まりますが、現時点では全て株式高位で運用しています。

DC年金バランス30(債券重点型)の場合、筆者がmyINDEXを利用した概算したときの利回りは約3%でした。国内債券のパフォーマンスを考慮すると、将来はもうちょっと低いと思います。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAでMMFは購入できない。高利回りのトルコリラMMFや南アランドMMFも不可。特定口座で買おう
  • 低リスクの商品を選びたいなら「DC年金バランス30(債券重点型)」や「ダイワライフバランス30」などを
  • 「DC年金バランス30(債券重点型)」や「ダイワライフバランス30」は株式も含むので、やはりMMFとはちょっと性格の異なるもの。完全なる代用商品とは言いがたい

というわけでMMFはおとなしく特定口座で買いましょう。

コメント