記事への質問は、コメントフォーム(記事の下にあります)・Twitter・お問い合わせフォームをお使いください。

つみたてNISAで毎月1,000円積み立て!初めての投資なら、ここから始めても良い

スポンサーリンク

つみたてNISAをいくらから始めるか、お悩みですか?

つみたてNISAの積み立て下限金額は各社のシステムによって決まります。100円単位で投資額を決められるネット証券なら100円から積み立てできますし、1,000円単位で決める銀行などは1,000円(または3,000~5,000円程度)が下限になっていることが多いです。

そこで本記事では、毎月1,000円の積み立てということで、

  • 毎月1,000円で積み立てできるのか
  • その場合の利益はいくらぐらいなのか
  • お得に運用する方法はあるか

などを解説。

つみたてNISAでの積立額はいつでも増額・減額できますので、あなたの家計に合わせて投資してみてはいかがでしょうか。

[スポンサーリンク]




つみたてNISAで1,000円の積み立てってできる?

毎月1,000円で積み立てできます

はい、つみたてNISAでは毎月1,000円の積み立てができますつみたてNISAの最低投資額は100円ですので、1,000円と言わず、500円でも300円でもOKです。

仮に、毎月1,000円積み立てのまま、つみたてNISAの期限である20年まで積み立てると、1,000円 × 12ヶ月 × 20年 = 24万円の積み立てですね。

ちなみに3,000円でも良い

書籍「3000円投資生活」を真似て、3,000円で積み立ても良いですよ!ネット証券なら100円単位で金額を変更できますし、他の銀行系でも1,000円単位で積立額を設定できるところが多いです(筆者が知る限り)。

毎月1,000円積み立てたら、将来いくらに?

以下の記事での試算によると、

  • 利回り2%:29万円(5万円の利益)
  • 利回り4%:37万円(13万円の利益)
  • 利回り6%:46万円(22万円の利益)

程度です。

投資金額別!つみたてNISAの予想平均利益一覧
この記事では、つみたてNISAの積立金額と、選ぶ商品のリターンから、20年後のおおよその利益を算出したものを紹介します。「このぐらい投資すると、このぐらい儲かるのか」と参考程度にご覧ください。 投資には「絶対」はないので、将来の損益は...

仮に46万円を得たとしても、老後資金としてはかなり足りない額で、金銭的に積み立てる意味は乏しいというのが正直なところです。

投資信託で毎月1000円を積立投資するといくら利益がでるのか – 東北投信

1000円だと思ったよりも儲からなくて、「なーんだ、がっかり」って思うかもしれませんね。

最終的に積立額を増額することを前提に考えよう

前述のとおり、毎月1,000円を積み立てても、その結果はわずかなもの。そのため、1,000円積み立ては最終的に積立額を変更(増額)することを前提に、考えたほうが良いと思います。例えば、

  • 積み立てを行なって、「投資って自分に合っているな」と思ったら、積立額を増額する
  • 積み立てを行なって、「投資はやっぱり怖い。続けたくない」と思ったら、積み立てはやめる

以下の記事でも触れたように、つみたてNISAはやめたくなったらいつでもやめられます。iDeCoのように、一度入金したら原則60歳まで出金できないとか、わざわざ書類で申し込まなければいけないとか、そういった不自由さはありません(少なくともネット証券なら、ウェブからの操作で簡単に変更・停止・売却できます)。

つみたてNISAは途中解約してもいいし、お金は手元に戻ってくる
つみたてNISAに関するよくある誤解の1つに、 「1度始めたらイヤでも20年継続しなければいけないのでは?」 「途中でやめられないのでは?」 みたいな話があります。こういった制度上の「縛り」があると、「将来やめ...

そういう意味で、1000円積み立ては初心者がお試しとして始めるのに最適だと思います。

現実的には毎月いくらに設定すべき?

金額はあなたの毎月の収入や、投資先等も踏まえて考えるべきですが、毎月2万円ぐらいは積んだほうが良いと思います。計算上は、20年後に589万円~911万円程度にはなっている可能性があり、公的年金と併せて利用する老後資産としてはまあまあの額になります。

ちなみに、統計でみると金融機関ごとに利用者の積立額は結構異なるようで、利用者の約半数が3万円以上積み立てる金融機関もあれば、逆に利用者の半数が1万円かそれ以下のケースもある模様。

ここは、別に張り合うわけではないので、周りに合わせるよりも、あなたの生活的に支払える額を考えると良いと思います。積み立てばかり頑張って貧乏になるのも本末店頭ですし。

積み立て過ぎで今は火の車 47歳独身男性の老後不安|マネー研究所|NIKKEI STYLE
「老後資金を作るために、無駄な支出をなくしておきたいのですが……」。こう話して家計相談にやって来たのは、契約社員のYさん(47)。独身男性です。体調を崩して早期退職した後、契約社員として働いています。会社からの退職金はなく、自分で老後資金をた…

まとめると

デメリット

  • 投資額が少ないので、老後資金そのものを作ることはできない
  • 利益が少ないと「儲からないならやる価値が無くない?」と意欲に繋がらないかも

メリット

  • 少額なので始めやすい
  • 気にいったら増額できるし、気に入らなかったら少額積立のままでやめることができる

楽天証券を使うとちょっぴりお得に

毎月1000円で積み立てるとき、楽天証券を利用するとちょっぴりお得かもしれません。

つみたてNISAはどの証券会社を利用すれば一番儲かる?
つみたてNISA。どの証券会社を利用すれば一番儲かるのか気になっていますか? 結論から申し上げると、つみたてNISAのサービスを提供する証券会社ならば、どの証券会社を利用しても「原則」同じです。「原則」とつけたのは、実は完全に一緒では...
  1. 楽天カード(クレジットカード)払いで投資信託を積み立てできます。この時、積立額の1%に相当する楽天スーパーポイントが貯まります
  2. 投資信託の保有残高に応じて楽天スーパーポイントが貯まります
  3. この楽天スーパーポイントを利用して投資信託を購入できます(もしくは、楽天市場や楽天トラベルなどにも支払いの一部として利用できます)

例えば、楽天カード払いで毎月1,000円ずつ投資信託を積み立てると、その都度楽天スーパーポイントを10ポイント貰えます。このポイントはオンラインショッピングサイトの楽天市場でも使えますし、楽天ポイント払いに対応したお店でも使えます。

また、楽天スーパーポイント自体で投資信託を購入できますから、資産を加速度的に増やすことにも役立ちます。

つみたてNISAを楽天証券で始めたいときの口座開設方法
証券会社でつみたてNISAを始めるなら、証券口座の開設が必要です。ここでは、インターネット専業の代表的な証券会社である楽天証券の口座開設手順(特につみたてNISA関連)について解説します。 以下では、 楽天証券の口座開設...

SBI証券もポイント還元(SBIポイント)がありますが、2018年10月時点では還元率で楽天証券のほうが上回ります。ただ、こちらは貯めたポイントを現金化できる点が魅力ですね。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • つみたてNISAは1,000円から積み立てできる。3,000円でもいい。積立額はいつでも変更(増額・減額)できる。ネット証券の場合には100円単位で設定可能
  • 積立額が少ないデメリットは利益も少ないこと。そのため、「投資を始めよう」というモチベーションは湧きにくいかも
  • ポイント還元のある証券会社でつみたてNISAを始めるとちょっぴりお得。貯めたポイントを使ったり、ポイントで投資信託を買ったりして、資産を加速度的に育てよう

ちなみに筆者は毎月2万円での積み立てです。2019年はもっと増やしたいと思っていますが、まずはこのぐらいからかな、と適当に決めました笑

少額だと始めやすい分、利益も少ないですし、高額だと利益も多くなる可能性がある一方で、毎月の生活もちょっときつくなるかも。

ちょうど良い塩梅の部分を見つけたいですね!

コメント