今すぐつみたてNISAを始めるなら、定番のSBI証券で!



「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!

オススメの証券会社3社はココだ!




積立NISA(つみたてNISA)口座と特定口座を併用して資産形成するときの考え方

メリットとデメリット
スポンサーリンク

2019年時点の筆者の資産形成は「つみたてNISA + 特定口座」の併用です。以下の考え方で使い分けています。

  • つみたてNISA口座:堅実な資産の増加を狙う部分
  • 特定口座:株主優待投資や高配当投資など「遊び」の部分。コア部分の調整役もこちらで買う

つみたてNISA口座で実行できるインデックス投資の長期投資の優位性は、過去の様々な研究によって証明されています。筆者もその研究例を信じています。

だから、つみたてNISAを資産形成の主軸に据え、それでも金銭的余力がある場合には特定口座を利用して運用するようにしたのです。

ちなみに、特定口座は源泉徴収ありで利用することをオススメします。そのほうが納税の手間が省ける、というか申告漏れなどのミスを避けられるためです。

つみたてNISAは「源泉徴収あり」で始めるべきです
結論から述べると、つみたてNISAそのものには源泉徴収は関係ありません。しかし、総合証券口座全体で見た場合には、「特定口座の源泉徴収あり」を選択したほうが無難です。 源泉徴収なしを選択し、かつ、特定口座で株や投信を売買した場合には、確...

[スポンサーリンク]

NISA口座と特定口座の使いわけを考える時に

つみたてNISA口座では購入できるものが決まっている

話の前提として、つみたてNISAでは購入できる商品が決まっていることを思い出してください。そう、主に分配金を出さない投資信託(インデックス投信)ですね。

一方、特定口座では制限なく金融商品を選択できる一方で、運用で得た利益には税金がかかります。

つみたてNISAと特定口座の特徴の違い
つみたてNISA 特定口座
購入商品 特定の投信のみ 一般的な金融商品
課税 なし あり
20.315%(2019年)

「損益通算」できないことを思い出して欲しい

一般NISAもつみたてNISAも損益通算ができません。損益通算できないので、NISA口座の運用で損をしても「損失の分だけ税金を安くする」ことができないのです。

損益通算とは、一定期間内の利益と損失を相殺することです。上場株式等の投資を行って利益(譲渡益や配当など)が出た場合は税金がかかりますが、一方で損失が出た場合には利益から差し引いて、その分だけ税金を減らすことができます。それでもマイナスになった場合、確定申告を行うことで最長3年間損失を繰り越して控除することも可能です。

出典:損益通算 (そんえきつうさん) | SMBC日興証券

この特徴を考えると、NISA口座では必然的に「必ず儲かる」という言えるような商品を選ぶことになります。「それはどんな投資か」と考えた時に「インデックス投信を買う」ことを思い出します。

インデックス投資は、過去の多くの研究によって長期投資の有効性が証明されており、いわば「必ず儲かるだろう」という期待値の高い投資手法です。

故に、筆者はつみたてNISAと特定口座の併用に移りました。

ちなみに、2018年までは一般NISAを利用していたんですよ!

一般NISA(ただのNISA)からつみたてNISAに切り替える手順
先日、筆者は現行NISAからつみたてNISAに切り替えの申し込みを行ったので、その手順を簡単に紹介します。 といっても、複雑な申し込みなどは一切無く、すごく簡単に移行できます(筆者はまだ移行中)。 以下、 すでにNIS...

特定口座では何を買っているか

個別株式(一般NISAは利用せず)

特定口座では個別株式を購入します。例えば、株主優待銘柄や高配当銘柄はつみたてNISA口座では購入できず、特定口座や一般NISAでしか買えない商品ですね。

積立NISA(つみたてNISA)で株主優待券はもらえません
表題が全てです。 「つみたてNISAには株主優待(券)はありません」 しかし、つみたてNISAを利用しながら、平行して株主優待銘柄を購入できます。この場合、優待銘柄を購入するのは特定口座(課税口座)で、配当金を非課税で受け取るな...
積立NISA(つみたてNISA)で高配当株投資はできません
タイトルで述べたとおりです。 「つみたてNISAで高配当な株式は買えません」 つみたてNISAで購入できるのは金融庁が認定した投資信託のみで、そのほとんどは分配金を出さずに運用しています。あなたがもし、配当金投資などに魅力を感じ...

株式を一般NISAで買わなかった理由

個別株を一般NISAで購入する手もありますが、個人的にはつみたてNISAの利用を優先しました。おおよそ「将来は儲かるだろう」と楽観できるインデックス投信に対して、個別株は企業業績を丁寧に追っていかなければいけないため、管理が難しく、手間がかかる割にうまく行くとも限らないためです。

筆者個人は、基本的に投資にあまり時間をかけたくないと思っています。できれば楽をしてお金を増やせたら最高じゃないですか。そういう場合には、つみたてNISAのほうが良いと考えます。

債券に投資する投資信託

つみたてNISAで選択できる投資信託の多くは、株式に投資する投資信託です。「非課税額を最大化する」と考えたときに、債券に投資する投資信託は利益が限定的なため、つみたてNISAからは外されてしまったようです。

つみたてNISAにおける国内債券の取り扱い方法
資産運用において、ローリスクで運用できる商品の代表例が国内債券(日本債券)です。しかし、2018年から始まった「つみたてNISA」に対応する投資信託の中には、国内債券に100%の割合で投資できる投資信託は1つもありません。 「もっとロ...
積立NISA(つみたてNISA)では先進国債券100%の商品を買えない
結論から述べると、つみたてNISAでは債券のみで運用されるファンドを買えません。国内債券?先進国債券?どちらも買えないのです。 そのため、以下の記事では、国内債券を例に2つの対策を紹介しています。 バランスファンド(複合...

しかし、債券に投資する投資信託をポートフォリオに加えておくと、証券口座全体で見たときの値動きを緩やかにする効果を期待できます。昔の筆者は「債券不要」と思っていましたが、今はポートフォリオの10~20%程度は債券を加えても良いと考えています。なぜなら、あまりリターンは変わらないが、価格変動は抑えられるから。

実際、債券に投資する投資信託も購入し、特定口座で管理しています。

つみたてNISAでバランスファンドを購入する手もありますね。「証券口座全体の値動きを抑える」という意味で債券に投資する投資信託を買うよりも、バランスファンドをつみたてNISA口座で購入するほうが初心者にとっては簡単だと思います。

米国株などの外国株

完全に趣味の範囲ですが、外国株も買っています。考え方は個別株と同じで、できるだけ楽観できるインデックスファンド + つみたてNISAを主軸に据えた感じですね。

口座の使いわけを考えるときに「コア・サテライト」という考え方も知ってほしい

資産運用時に「コア・サテライト」という考え方があります。

保有する資産をコア(中核)部分とサテライト(衛星)部分に分けて考え運用すること。コア部分は長期かつ安定的に運用し、サテライト部分はコア部分よりも高いリターンを求めて積極的に運用する。コア部分とサテライト部分をバランスよく保有することで、資産全体としてのリスクやコストを抑えつつ、市場平均よりも大きいリターンの確保を目指す。

出典:コア・サテライト戦略(こあ・さてらいとせんりゃく) | 野村證券

筆者の場合は、つみたてNISAがコア、特定口座がサテライトです。

  • コア:つみたてNISA口座→堅実な資産の増加を狙う部分
  • サテライト:特定口座→株主優待投資や高配当投資など「遊び」の部分。コア部分の調整役もこちらで買う

特にブログを書いたりTwitterをやったりする個人投資家は「つみたてNISAだけ」というケースは少なく、つみたてNISA以外にもいろいろな投資を平行してやってたりすることが多いです。その場合に、コアとサテライトという考え方を当てはめてみると、結構理解しやすかったりします。

もちろん、金銭的な余力を理由に、個別株を買ったりせずにつみたてNISAだけに専念しても良いと思います。このあたりはあくまで、個人の考え方・やり方次第です。

[スポンサーリンク]

まとめ

  • 「損益通算できない」というデメリットから、NISA口座では将来儲かる可能性の高いものを選んだほうが良い。つみたてNISAは初心者でもおそらく利益を見込みやすい
  • 特定口座で買っているものは、個別株やつみたてNISAでは買えない投資信託など
  • 使いわけを考えるときに「コア・サテライト」という考え方も知って欲しい

運用の考え方は人それぞれだと思いますが、現在の筆者は

  • つみたてNISA口座:堅実な資産の増加を狙う部分
  • 特定口座:株主優待投資や高配当投資など「遊び」の部分。コア部分の調整役もこちらで買う

という使い方に落ち着いています。

コメント