今すぐつみたてNISAを始めるなら、定番のSBI証券で!



「つみたてNISA」で成功するための第一歩は証券会社選び!

オススメの証券会社3社はココだ!




さまざまな投資手法の中で「つみたてNISA」は安心できるものなの?

メリットとデメリット
スポンサーリンク

様々ある投資の中で、筆者は「つみたてNISAが一番安心できる投資」と考える理由は以下の5つです。

  • 手数料を最小限に抑えた、金融庁認定商品に限られている(高額な手数料で失敗することを防げる)
  • 運用は証券会社でも銀行でもよい(ネットで有名な証券会社でも、最寄の銀行でも)
  • 最終的に儲かる可能性が高い
  • 途中でやめてもよいし、中断もできる
  • 最低で、毎月100円から始められる

もちろん元本割れの可能性もありますが、途中で運用をやめることもできますから、是非気軽に試して欲しいと思います。毎月3000円ぐらいで積み立ててもいいんですよ?

2019年現在、個人投資家がつみたてNISAを始める際の人気の金融機関は「楽天証券」です。ブログなどを読んでると結構名前が挙がると思います。

楽天証券のつみたてNISAが超人気な3つの理由。現代の錬金術で大富豪を目指せ!
今、つみたてNISAを始めるにあたって人気の証券会社が「楽天証券」だって知っていますか? これまで、現役世代の人が選ぶ証券会社はSBI証券か楽天証券がメジャーどころでしたが、つみたてNISAや投資信託の運用に限っては、楽天証券のほうが...

ですが、身近の金融機関で始めても良いので、ご自身が一番安心できる金融機関をお選びください。

[スポンサーリンク]

他の投資より、つみたてNISAが安心と言える理由

手数料を最小限に抑えた、金融庁認定商品に限られている

個人の投資の失敗談の多くは、商品選びとその後の運用の拙さにあります。というのも、金融商品は数が多く、手数料が高額な割にまったく儲からないような商品も結構販売されています。個人がそういう商品を購入して失敗するケースが多いのです。

その点で、つみたてNISAは金融庁が商品を選定しており、特に手数料面はかなり厳しい制約がついています。少なくとも、個人が高額な手数料を支払って失敗することはありません

つみたてNISAにかかる手数料について教えて。お得な銀行とか証券会社とかあるの?
つみたてNISAを始めるにあたって、結構手数料がかかるのでは?と思っていませんか? 結論から述べると、つみたてNISAで特に意識を向けるのは「信託報酬」です。これまでの投資信託の売買で問題になることが多かった購入手数料(販売手数料)は...

運用は証券会社でも銀行でもよい

上述の金融庁が認定したつみたてNISA対象投信はあなたの身近の銀行でも販売されています。わざわざ、知らぬ金融機関の門を叩く必要はありません。

ただし、(特に銀行では)つみたてNISA以外の金融商品は買わないようにしてください。上述のとおり、つみたてNISA対象投信「以外」は玉石混交だからです。

最終的に儲かる可能性が高い

出典:金融庁

基本的に年単位の長期投資は最終的にプラスの収益で終わる可能性が高いです。少なくとも過去はそうでしたし、現在投資を行なってる人たちはだいたい将来もそうなると考えています(儲かると思うから投資しているわけで)。

この長期投資は理論上、運用期間が長ければ長いほど有利です。経済が成長した分だけ株価が上がる可能性が高いからです。

以下の図は過去200年間の米国市場の金融商品の値動きを示したもので、特に株式(Stocks)は200年間圧倒的に値上がりをつづけています。1年や2年という単位では損をする可能性があれど、長期ならば儲かるだろう、と考える根拠の1つになっています。

つみたてNISAは1年や2年ではほとんど儲かりません。長く続けることで利益を最大化する投資なのです。

出典:ジェレミー・シーゲル著:stock for the long run(株式投資の未来)

途中でやめてもよいし、中断もできる

つみたてNISAは途中で運用をやめられます積み立ての一時停止もできますし、商品の選びなおしもできます。

最低で、毎月100円から始められる

つみたてNISAは最低100円から始められますので、不慣れなら1000円ぐらいでやってみると良いと思います。楽天証券なら楽天スーパーポイントを使った積み立てもできるので、現金を使わずの積み立てもできますよ。

楽天証券のつみたてNISAが超人気な3つの理由。現代の錬金術で大富豪を目指せ!
今、つみたてNISAを始めるにあたって人気の証券会社が「楽天証券」だって知っていますか? これまで、現役世代の人が選ぶ証券会社はSBI証券か楽天証券がメジャーどころでしたが、つみたてNISAや投資信託の運用に限っては、楽天証券のほうが...

デメリットもあります

一時的な元本割れの可能性

残念ながら、つみたてNISAは元本割れを防げません。最終的に元本割れで終わるかはともかく、一時的な元本割れはおそらく頻繁に発生します

以下は筆者の実際の運用成績をグラフにしたもので、真ん中の「0」のラインを下回ると元本割れを示します。ご覧の通り、何度か元本割れを経験しています(右側にいくほど値動きが大きくなるのは積立額が増えてきたため)。

出典:筆者作成

これまで、元本割れしたとしても、そのまま継続していればなんとかなりました。しかし、実際の運用の最前線にいる場合に、どうしてもそのまま継続できずにやめてしまう方もいらっしゃいます。

つみたてNISAは途中解約してもいいし、お金は手元に戻ってくる
つみたてNISAに関するよくある誤解の1つに、 「1度始めたらイヤでも20年継続しなければいけないのでは?」 「途中でやめられないのでは?」 「一度投資したら、お金は戻ってこないのでは?」 みたいな話があ...
元本割れ等の理由で、積み立てを継続するのが難しい場合には、一時的に積み立てを止めることもできます。全部やめてしまうのは最後の手段と考えることをおすすめします。
なお、運用に失敗しても借金を背負うことはありませんので、その点はご安心ください。

誰でも成果を得られる投資はつみたてNISAやiDeCoぐらい

運用経験や投資への情熱がなくとも、誰でも成果を得られる投資はつみたてNISAやiDeCoぐらいです。他の投資は個人のスキルや調査力に依存する部分が大きく、長く継続するのは結構大変です。

「オススメの投資ある?」と聞かれたら、個人的には「つみたてNISA」を一番に推しています

[スポンサーリンク]

まとめ

つみたてNISAが安心の投資であるという根拠は以下の5つです。

  • 手数料を最小限に抑えた、金融庁認定商品に限られている(高額な手数料で失敗することを防げる)
  • 運用は証券会社でも銀行でもよい(ネットで有名な証券会社でも、最寄の銀行でも)
  • 最終的に儲かる可能性が高い
  • 途中でやめてもよいし、中断もできる
  • 最低で、毎月100円から始められる

初心者にオススメの運用方法

個人的なオススメの運用例として、毎月3000円ぐらいを8資産均等型(「eMAXIS slim バランス(8資産均等型)」や「つみたて8資産バランス」)という商品に積み立てて、数ヶ月様子を見て欲しいなと思います。

1年積み立てても36,000円ですから、途中でやめたとしても、生活に痛手を負わないと思います。

これで「良いな」と思ったらさらに継続 + 積立額を増額すれば、それは立派な資産形成のための投資です。

コメント