スポンサーリンク
証券会社

楽天証券のつみたてNISAが超人気な3つの理由。現代の錬金術で大富豪を目指せ!

今、つみたてNISAを始めるにあたって人気の証券会社が「楽天証券」だって知っていますか? これまで、現役世代の人が選ぶ証券会社はSBI証券か楽天証券がメジャーどころでしたが、つみたてNISAや投資信託の運用に限っては、楽天証券のほうが...
証券会社

【2019年版】つみたてNISAにオススメの証券会社(ネット証券)3選

これからつみたてNISAを始めたいあなたに、つみたてNISAの利用に適した証券会社を勝手にランキング形式で紹介。 ポイント還元で有名なあの会社 ユーザーの不安をアプリがサポートするあのアプリを提供する会社 ネット証...
証券会社

松井証券の投信工房(つみたてNISA対応)が気になる。AIが積み立てをサポート?

つみたてNISA対応の証券会社と言えば、楽天証券かSBI証券の名前が挙がることが多いのですが、他の証券会社も魅力的なサービスを提供しています。例えば、松井証券はスマホ向けのアプリ「投信工房」を提供しており、はじめての運用でも安心して取り組め...
保険との比較

変額保険に関心持ってるなら、「つみたてNISA」を始めるべき

変額保険はつみたてNISAと似ており、毎月定額で積み立てることができる金融商品です。変額保険は、以下の2つを1つの金融商品で実現できるために、現役世代の心をつかみやすい特徴を持っています。 死亡保障・高度機能障害保障 将...
メリットとデメリット

つみたてNISAは満額(年40万円)積み立てずともOK!できる金額から運用しよう

つみたてNISAの制度では、 40万円 800万円 という、2つのキーになる数字があります。これは非課税の額で、それぞれ年額・20年間の総額です。 これはあくまで制度上の上限となる金額で、私たちがつみたて...
メリットとデメリット

つみたてNISAで毎月1,000円積み立て!初めての投資なら、ここから始めても良い

つみたてNISAをいくらから始めるか、お悩みですか? つみたてNISAの積み立て下限金額は各社のシステムによって決まります。100円単位で投資額を決められるネット証券なら100円から積み立てできますし、1,000円単位で決める銀行など...
運用シミュレーション

老後資金は国民年金のみ!「つみたてNISA」でなんとかできる?

年金や保険料の制度ってややこしくてよくわからないですよね。「自宅に届いた請求書の分だけ払っておけば大丈夫なんでしょ」と考えていると、大変なことになるかもしれません。 この記事では、老後資金が国民年金のみになる人。すなわち、自営業者やフ...
銀行

ゆうちょ銀行の「つみたてNISA」を利用した老後資金の準備手順

この記事では、ネット証券を使わずに老後資金を作りたいと考えるあなたに「ゆうちょ銀行」のつみたてNISAの紹介をします。筆者はいくつかの銀行のつみたてNISA対象商品もチェックしましたが、ゆうちょ銀行は最低限商品が揃っており、初めての投資でも...
証券会社

つみたてNISAを楽天証券で始めたいときの口座開設方法

証券会社でつみたてNISAを始めるなら、証券口座の開設が必要です。ここでは、インターネット専業の代表的な証券会社である楽天証券の口座開設手順(特につみたてNISA関連)について解説します。 以下では、 楽天証券の口座開設...
証券会社

つみたてNISAをSBI証券で始めたいときの口座開設方法

証券会社でつみたてNISAを始めるなら、証券口座の開設が必要です。ここでは、インターネット専業の代表的な証券会社であるSBI証券の口座開設手順(特につみたてNISA関連)について解説します。 証券口座の開設って、住所・氏名はともかく、...
スポンサーリンク